« 「スクランブル発進」で青森へ | トップページ | 凸型DLの流し撮り »

2015年10月 2日 (金)

碓氷峠の守り神

1993927_ef63_2
いつもこの時期がくると思い出すことがある。信越線の横川-軽井沢間が廃止になったのが1997年9月30日だった。すでに18年の歳月が過ぎ去ったことになる。

仕事の関係で月に3~4回この地に出向く機会があり、必然とカメラを持って動くことが日課になっていた。当時は地元のコアなファンを除けば、まだまだ撮影者は少なく、のんびりと釜飯を線路端で食いながら撮影できたことが本当に懐かしい。

先日久しぶりに行った軽井沢の変貌に驚き落胆したが、やはりここでも時の流れを痛切に感じた次第。写真は、独特のブロア音を発しながら、入れ替え連結作業に忙しいロクサンをホームから見ていた午後のひと時の一コマ。ロクサンは、下り方の連結面側の顔の方がジャンパ栓が盛り上がりいかにもゴツイ顔つきでカッコいい。

1993-09-27          EF63   信越本線/軽井沢  PENTAX67にて撮影

(写真、文: K )

|

« 「スクランブル発進」で青森へ | トップページ | 凸型DLの流し撮り »

執筆者K」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 碓氷峠の守り神:

« 「スクランブル発進」で青森へ | トップページ | 凸型DLの流し撮り »