« 碓氷峠の守り神 | トップページ | 大型蒸機並走運転 »

2015年10月 4日 (日)

凸型DLの流し撮り

以前からどういうフレーミングで流し撮りするか試行錯誤していたJR北海道の特急列車牽引機DD51。自分なりにこんなフレームがうまくまとまるのではないかと思う。
「こうあるべき」などといった作例ではないが、個人的にはこのあたりが妥当だと感じているので、皆さまのご意見を聞くチャンスとして毎度の事ながら拙い画像をアップさせていただく。

凸型ディーゼル機関車の場合、どこまでを画面に入れるかは迷うところ。機関車1両、丸々フレームに入れても散漫だし、前側のボンネットだけでもアンバランス。キャブまで入れるのがほど良いと思うが、JR北海道の機関車だとそこに描かれている星のマークまで入れるのがベターだと感じる。

かねてからやってみたいと思っていながらなかなか踏み切れなかった北海道でのDD51流し撮り。8月7日撮影のこの「カシオペア」は2両目の機関車をほとんど無視して前の1両だけを追ってみることに専念した。

(写真、文:U)

_dsc97376

|

« 碓氷峠の守り神 | トップページ | 大型蒸機並走運転 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/61896977

この記事へのトラックバック一覧です: 凸型DLの流し撮り:

« 碓氷峠の守り神 | トップページ | 大型蒸機並走運転 »