« HM装着の貨物列車 | トップページ | 伯備線のトワイライトEXP »

2015年9月22日 (火)

ダイヤ改正以降の「カシオペア」は?

とっくに予想できていたことだが、最近になってやっと「カシオペア」「はまなす」の廃止が発表された。青函トンネル内の新幹線との電圧の違いから現状のまま走らせることができないのは「北斗星」「トワイライトエクスプレス」と同様なのだから、小出しに発表することもないと思われたのだが沿線自治体の要望や、あるいはJR東日本自体が新幹線開業後もなんとかして存続しようと模索した結果、正式発表がずれ込んだものと受け止めている。

ただし「カシオペア」の廃止については、JRの発表文を読むと今後も機会あるときに「カシオペアクルーズ」で北海道に乗り入れる可能性があるとも解釈できる。実際、知人からもその場合はJR貨物に運行を委託、EH800やDF200の登場が濃厚という話を聞いていたからなおさらだ。だいぶ以前に聞いたことなので真偽もふくめ、その後どうなったのか知らないが、まだ時間もあることだから未定なのかもしれない。いずれ分かってくるだろうが、もしもそう決まったら試運転も行わなければならないから性急に情報を漁る必要もない。たしかにJR東日本管内だけで「カシオペア」客車を使ってツアーするだけでは入線できる路線も限られてマンネリ化してしまいそうではある。

とにかく1日13往復しか走らない北海道新幹線。空いている時間もそこそこあるから在来線の列車が乗り入れる余地はありそうな気はする。

写真は5月25日撮影。

(写真、文:U)

_dsc06922

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

|

« HM装着の貨物列車 | トップページ | 伯備線のトワイライトEXP »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/61707028

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤ改正以降の「カシオペア」は?:

« HM装着の貨物列車 | トップページ | 伯備線のトワイライトEXP »