« ラスト北斗星で想ったこと | トップページ | ブルートレインとの決別 »

2015年8月28日 (金)

次の北海道行き

このところめっきり涼しくなって自宅で夕方、風呂に入っていても窓から聞こえるのはセミに代わった秋の虫の声。まだ残暑は戻ってくると油断してはいないものの、ゆるやかに秋の気配が漂ってきた。

「北斗星」フィーバーが去って北海道も平静を取り戻しているだろうと思われるが、9月はまだ海峡線で「カシオペア」が撮れるし、電化区間なら「はまなす」も撮れるから、ここで気を抜くわけにはいかない。次の渡道は下旬と定めて準備に入ろうかというところだ。

行ってみたいポイントはまだある。札幌近郊の複々線区間は首都圏で言えば浦和界隈のように長いレンズに向いていそうだし、函館口でもちょっと面白そうな場所を見つけた。250キロ前後も離れた2箇所だから一度の旅で無理して両方に行かず、交互に攻めていきたいと考えている。

とにかくDD51が「カシオペア」の牽引を降りるまで、まだまだ手はゆるめない。考えてみたら1度のダイヤ改正で「トワイライトエクスプレス」「北斗星」「カシオペア」といっぺんに消滅しなかったことは、趣味人生が延命したわけで、それをラッキーととらえて渡道を続ける所存。

*****************************************************************************

今回は8月4日撮影の「北斗星」。狙っていた曇天下、島松~北広島のアップダウンで撮ることができた。もっと気温が低い方がベターには違いないが、気温が低いなら何も無理して電化区間で撮影しないから、自分にとってある意味珍しい1枚となったのは確かだ。もう少し遠目で撮りたいが、さすがにこの時間帯では陽炎で無理。それも夏場だと言うことを考えれば上々の結果とは言えるだろう。

(写真、文:U)

_dsc94121

*****************************************************************************

Kさん、23日は大変お世話になりました。北海道帰りでヘトヘトだった自分を乗せていただき、蒲須坂で最後の撮影を終えることができました。お話ししたように最後は短いレンズで鶯谷の跨線橋から、ほかの列車と並ぶ最後のブルートレインをと考えていましたが、きっとそんな写真を撮っても満足しなかったことでしょう。お仲間の方々との撮影も締めくくりに相応しいものとなり感謝しております。

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にポインターを持っていって右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« ラスト北斗星で想ったこと | トップページ | ブルートレインとの決別 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/61351188

この記事へのトラックバック一覧です: 次の北海道行き:

« ラスト北斗星で想ったこと | トップページ | ブルートレインとの決別 »