« 北斗星よ 永遠なれ! | トップページ | 曇天用撮影地 »

2015年7月12日 (日)

寝台特急客車列車の終焉

意識して列車を被写体として撮ったのは1975年5月3日の上り特急「富士」。EF65P牽引のいわゆるブルトレを東海道線(正確には飯田線)の船町駅のホームからポケットカメラで撮ったのがファーストカットであった。

以来丁度40年、ついに客車寝台特急列車が姿を消すことになっており、仲間の皆さんの熱い思いを本ブログでも拝見しつつ、静かに最期を見送ろうと考えていた。

そこに今回、札幌出張が飛び込んできた。わずか1泊、北海道滞在時間27時間というとんぼ返りであったが、なんとか下りカシオペアを撮ることが出来た。鞄に忍ばせたカメラ1台とズームレンズだけの装備で、超お手軽ポイントしか選択肢が無かったが、DD51重連のその姿を記録できただけでも良かった。

(写真・文:K.M)

2015年7月11日 苗穂にて

20150711nj752

|

« 北斗星よ 永遠なれ! | トップページ | 曇天用撮影地 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/60709544

この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急客車列車の終焉:

« 北斗星よ 永遠なれ! | トップページ | 曇天用撮影地 »