« 黄金よりもゴールドな撮影地③ | トップページ | 新緑と青 »

2015年7月31日 (金)

元御召機の誘惑

今日で7月も終わり。東京は相変わらず暑い日が続いている。確か春先の3カ月予報では、今年は冷夏になると言っていたはず。見事に予報外れだ。夏は苦手だが、やはり夏は夏らしく暑い夏の方が好きだ。真っ青な抜けるような青い空に白い雲、朝夕の太陽の輝き、セミ時雨や蚊取り線香の匂い、日本の夏の風物詩と言えるだろうか。

そんな夏休みの始まりに、最近川崎界隈では珍しくなったEF81の工臨が走った。いわゆる羽沢工臨というヤツで、横浜の羽沢まで往復するスジだ。ここ数年この界隈の工臨は、田端区のEF65PFと決まっていたが、今回は、最初からEF81限定、それも元御召仕様の81号機と指定されているらしい。理由まではわからないが、夏休みでもあるから、田端区の粋な計らいで、サプライズを企てたのかもしれない。だったら、こういった鉄道ファンの心をくすぐる仕業は大変喜ばしい。

沿線には適した撮影ポイントが少ないためか、日の出前から撮影者がどこも集中していたようで、私が撮影したこの場所でも、最近では見られないくらいの盛況振りだった。お陰で最近ご無沙汰の面々ともお会いすることができ、厳しい暑さの中ではあったが、楽しい時間を過ごせたことは思いも依らなかった。撮影の方は、多少出遅れた感があり、いつものポイントは満員御礼状態だったので、いつもとは違う画角で強引に引っ張ってみた。一応太陽は顔を出しているが、例によって湿度が高くクリアではない空気感。ドヨ~ンとして朝もやが出ているようで、何とかカマに日を当てたいと思って熟慮してもこの程度。思いのほか長い編成に驚きつつ見送った。イヤ~暑い暑い!

2015-07-31    工9867レ  EF8181       東海道貨物線:新鶴見付近

(写真、文: K )

20150731_9767_ef8181

|

« 黄金よりもゴールドな撮影地③ | トップページ | 新緑と青 »

執筆者K」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元御召機の誘惑:

« 黄金よりもゴールドな撮影地③ | トップページ | 新緑と青 »