« 観光特急の往来 | トップページ | 旅情 »

2015年6月23日 (火)

悪天候下の遊び

北海道に来ている。入ったのは19日の朝一番の便で、戻りは本日の21時25分発。5日間の滞在だった。
今回は前回の最終日に行った場所で上りの「北斗星」「カシオペア」を夕日の中で撮ることができたのが収穫。このブログを書いている時点で最終23日の撮影結果がどうなるかは天候次第だが、これまではおおむね満足している。特に今度の旅行では下り列車にも気を引き締めて取り組み、陽炎による撮りこぼしはなかったはずだ。また、20,21日はDD51の「はまなす」も撮ったし、未明から夕方までずいぶん活動したように思う。

驚いたのは人の多さ。かつて「トワイライトエクスプレス」「カシオペア」「北斗星」の2ないし3本が運転されている頃や、「トワイライトエクスプレス」、定期「北斗星」の廃止直前よりもその数は確実に上回っていた。
ご苦労なことに黄金では前夜から現地で場所取りをしている熱心(もちろん皮肉)な人も見かけたし毎日、海峡線で撮影してから転戦してくる人も多かった(こちらは敬服)。

正直、何を今頃になってそんなに入れ込むのかと思う一方、鉄道ファンの心理としては夜行列車の消滅という事実を目の当たりにして、ラストスパートをかけたくなる気持ちは理解できる。
ただ、大勢が集まるとどうしてもおかしな人間も比例して増えるから、そういう点では不快な場面も多くなる(かく言う自分もその一味なのかもしれないが)。「エロ光」だとか「ゲバ」、「リベンジ」など、知性の片鱗もない言葉が耳に飛び込んでくるのが嫌で、そう予想して今回は人のいないところを狙って展開することを心がけた。仮に有名撮影地でも、なるべく人の集中しないポジションを選び、撮影意欲が減退するような状況を避けたおかげか、今回も気持ちよく帰途に就けるだろう。

*********************************************************************

こんな写真をアップするとお仲間の方々から「何を血迷ったか?」と言われそう。前もって弁解しておく。

この日(22日)は怠惰に撮影地着が夕方5時。朝からどんよりした天気で斜光が楽しみな午後の上り列車もやる気が起きない。しかしそうは言っても北海道まで来ていながら宿で独り酒を飲むのも退屈だからノコノコ出かけていった。道中、どう見ても「カシオペア」通過時に日が差すことはあり得ないと予想した。「ならば遊ぶか!」、そう考えて芸風を大きくはみ出したこんな写真を撮った。

鉄道写真で自分が苦手とするワイド写真(とはいえ中望遠レンズの領域)。悪天候のおかげで、たまにはこんな写真も。

(写真、文;U)

_dsc09213

|

« 観光特急の往来 | トップページ | 旅情 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/60477825

この記事へのトラックバック一覧です: 悪天候下の遊び:

« 観光特急の往来 | トップページ | 旅情 »