« 旅情 | トップページ | 「北斗星トマムスキー」 »

2015年6月27日 (土)

室蘭に寄港した超大型豪華客船

28日からまた北海道行きをもくろんでいたが、天気が芳しくなさそうで見送ることにし、ホテル、航空券、レンタカーのキャンセルをすませたところ。日没の遅い季節で上り列車撮影の好機なのに残念だが妥当な判断だろう。

さて、Kさんが前回の当方の写真を評価してくださったが、あまりにも照れくさい。あんな写真はカメラのホワイトバランスさえいじれば誰でも簡単に撮れてしまうシロモノ。3月24日の写真も後で手を加えたことは記事にも書いた(あちらはWBは調整していない)。そんな産物だからこそ「遊び」としたわけで、いわばインスタントラーメンを客に出したら、ほめられて赤面しているラーメン店主といったところか。

ただ、自分はいつも後でどのようにトリミングしようとか、どういう補整を行うかまでを考えてから撮影に当たる。だから前回の写真は客車側面に描かれた「CASSIOPEIA」の文字にピントを合わせ、なるべく空を入れて土台となる絵をつくり、事後処理であんな調子に仕上げた。要するに「遊ぶ」にしても計画を立てたうえでのこと。それだけは記しておきたい。

*******************************************************************

きょうの画像は5月29日の「北斗星」。19日にアップした写真に続くもの。もはや撮影場所は記さずともお分かりだろう。海峡線で1回目を撮ってからここに回るのは今やお決まりのコース。もちろん晴天を期待して千歳から道南にやって来たわけだが、この日は津軽海峡沿岸と同じように霧が立ちこめていた。

_dsc8140_p1

 

撮ったときは残念な思いもあったが、晴天時の写真は雑誌などでしばしば見かけるから、返って目新しさも感じる。ミルキーなトーンでこれはこれで嫌いではない。ありがたかったのは、ヘッドライトが消灯していたこと。運転士がつけ忘れていたのかどうか知るよしもないが、こんな霧の中だから点灯していたら光がにじんでしまって見苦しくなっていただろう。そう考えればラッキーなショットかもしれない。P10105921
P10105911

上の2枚も5月29日に撮ったもの。函館方面から黄金周辺に戻って、夕方の上り列車まで時間を持て余し、暇つぶしに陣屋町の711系が留置されている所に来てみたら、すぐそばに係留されていた。

大型客船はかつて何度かヘリコプターで撮影したことはあるが、地上から眺めたのは初めて。
この「ボイジャー・オブ・ザ・シー」は全長311メートル、高さ80メートル、重量が137000トンもあるらしい。まるで海上を航行するマンション。後方からしか撮れなかったが、その威容には圧倒された。

(写真、文:U)

|

« 旅情 | トップページ | 「北斗星トマムスキー」 »

その他の乗り物」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/60522484

この記事へのトラックバック一覧です: 室蘭に寄港した超大型豪華客船:

« 旅情 | トップページ | 「北斗星トマムスキー」 »