« ロクヨンセン根府川を行く | トップページ | 583系による「Y156」イベント列車 »

2015年5月29日 (金)

今月3度目の渡道

26日の深夜に洞爺湖旅行から戻り、1日おいて28日からまた北海道入りした。今回は天気予報も芳しくないため予定していた31日までのスケジュールを1日早く切り上げるつもりで宿などをキャンセルしたものの、出かける直前になって31日の天気予報が好転し当初の予定に戻した。主な目的は数カ所の下見。3月にも行ってはみたが、日没が遅くなった現時点での日当たり具合を実見したかった。天気はあまり期待できない今度の旅は、さらに日が長くなる6月の撮影に向けた現地調査といった名目で、写真としてはろくな結果は得られまいと割り切っている。

昨年しばしば通った撮影地では気の済む絵が撮れたし、そこが人であふれるようになり、不快な気分にさせられるケースも出て、別の場所に逃げたくなったこともある。北海道まで行って場所取りに時間を取られ、朝の列車を撮ってから夕方の上りを撮るために、茫洋と同じ場所にとどまるのも無為。日中、車があればすぐにでも行ける洞爺湖などの観光地を巡ったり、美味い昼食を取る時間も欲しくなって、撮影地にはギリギリに入ってほぼ間違いなく立ち位置を確保できるポイントを担保したいと考えた結果、こうしてまた渡道するはこびとなった。

6月下旬から7月上旬は日の入りが1年で最も遅い時期。ゴールデンウイーク明けから沿線には想像以上に多くのファンが来ているほどだから、夏至の頃にはさらに増えるのは間違いない。前回の記事にも記した奈良ナンバーの人物のごとき有象無象までもが集まる中、嫌な思いをしないためにもそんな「逃げ場」で穏やかに最後の夜行列車を押さえたいと願っている。

*****************************************************************************

妻と洞爺湖旅行した3日間ももちろん寝台列車の撮影は行った。これは24日午前、空港から現地へ向かう途次のカット。晴れると下り列車にはどう考えても長いレンズは使えないからがまんして300ミリで撮った。

蒸気機関車現役時代の中学生の頃、ひっきりなしにやって来るC57やD51を撮った所だが、40年近く前と様相は一変。木々が伸び、バックに望めた地平線も隠れてしまった。単に「撮った」というだけの手応えのない写真だが、空港から近く手軽だし懐かしい場所でもあって4月に続いてここを選択した。現地滞在は15分程度。鉄道なんぞに興味のない妻が時間をもてあますことがないよう配慮した面もある。

(写真、文:U)

_dsc78831

 

|

« ロクヨンセン根府川を行く | トップページ | 583系による「Y156」イベント列車 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。

当日お会いしたのが当ブログのU様だったとは・・・。
もう少しお話をすればよかったと後悔しております。
当日は下見に訪れた当地で、親切に8007レの通過時刻を教えてくださったことで、予定外の撮影をすることができました。

ありがとうございました。

投稿: 金太郎 | 2015年5月30日 (土) 13時55分

金太郎さまのコメントを見てこちらも驚いております。

当日は妻と千歳に到着し、朝食を取ってから目的地へ向かう途中にここへ立ち寄りました。時間帯から考えて陽炎の立つのは確実で好きな長いレンズは使えず、単に撮影したというだけの写真ですが、こうやって見るとバックの緑に助けられた感もあります。この写真から青と緑の組み合わせに注目し始め、今回5月28日からの撮影では、そんな場所を探し歩きました。結果はいずれアップする予定です。

お仕事の首尾はいかがでしたか?昔は私も頻繁に出張で北海道に行きましたが、酒ばかり飲んでいて写真をあまり撮らなかったことを悔やんでおります。寸暇をついても金太郎さまのようにまめに撮っておくべきでした。

今後もしばしば渡道を繰り返すことは確実です。「はまなす」も狙いたいと思っておりますし、加えてあの列車は撮影地がほぼ決まっていますから、お会いするかもしれません。その節はあらためてお話しできれば深甚です。

投稿: U | 2015年6月 1日 (月) 17時53分

U様、ありがとうございます。

当地はDDを撮るにはもったいない!と言うべき電化区間ですが、それを補って余りある、緑と青の取り合わせが撮れる素晴らしいポイントですね。
SL当時はこんなに緑がなかったとおっしゃってましたが、その当時からここで撮られていたのを羨ましく思った次第です。

仕事の方は…。
それなりに片付けておきました。

また、北海道でお会いできればい嬉しいです。
その際は、よろしくお願いします。

投稿: 金太郎 | 2015年6月 2日 (火) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/60162889

この記事へのトラックバック一覧です: 今月3度目の渡道:

« ロクヨンセン根府川を行く | トップページ | 583系による「Y156」イベント列車 »