« ED79「海峡」号の話題 | トップページ | 残照に向かって・・・ »

2015年5月17日 (日)

日本海海戦記念企画???

このところ自分の興味が実物の鉄道車両よりも模型に向いている。何度も繰り返すようだが来年以降は撮影したい列車や車両が淘汰されるから、関心が模型に向いてしまうのは当たり前と言えば当たり前で、模型店のHPやオークションなどばかり眺める日々が続く。

そんな中、天賞堂のHPを見ていたら、戦艦「三笠」の模型の記念企画の案内を見つけた。期間中10%引きの「三笠」の模型(?)を買った人に単3電池、送料、Z旗(船同士の意思疎通のために用いる国際信号旗)風クロスがプレゼントされるというもの。
個人的には興味のない話なのに、これに目がいってしまったのはこの企画のタイトル「日本海海戦110周年記念」という点。

日本海海戦って、つまりは戦争ではないか。それを記念したキャンペーンってどういうこと?
戦死者などを追悼したり不戦の意味を込めた「記念日」ならともかく、軍艦の模型を売るのにこういう文言を使う無神経さがよく分からない。そのうち真珠湾奇襲から70年記念とかうたって模型を売るような企画も登場するのか。
もちろん戦艦や軍用機などは戦争に使われるもの。それは承知しているものの、さすがに
「日本海海戦110周年記念」と名打った商売には抵抗を感じる。

銀箱(天賞堂の金属製鉄道模型用の箱)の蒸気機関車をそこそこ所有している同社のファンの1人としてはいささかガッカリ。

*******************************************************************

K氏が記事で触れた快速「海峡」の運転はどうやら7月の初旬で、青森に着いた当日の上りの「はまなす」が日中、函館との間を「海峡」として1往復するものらしい。白昼堂々の運転はファンにとってありがたいものだが、「カシオペアクルーズ」が運転される5日との説もあるようで、それが本当ならこの日は臨時「北斗星」の走る日でもあるから沿線はまさにお祭り状態。天気が不安定な時期であるものの賑わうことは間違いなさそう。

*******************************************************************

前回アップした写真の少し前のショット。本当はこちらのアングルが狙いだった。
直前に貨物列車が来るから、それで本命の「カシオペア」がフレームに納まるかどうか確認したうえでレンズをチョイスした。
ご覧のように東京・尾久のホームと似たような角度だが、こちらは機関車2両を入れても14両の編成が悠々入るしバックの景色も段違い。

(写真、文:U)

_dsc02892

|

« ED79「海峡」号の話題 | トップページ | 残照に向かって・・・ »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/60009346

この記事へのトラックバック一覧です: 日本海海戦記念企画???:

« ED79「海峡」号の話題 | トップページ | 残照に向かって・・・ »