« 雪中撮影 | トップページ | 上り最終の「トワイライトエクスプレス」 »

2015年3月16日 (月)

定期ブルトレ全廃

ついにこの日本から定期ブルトレというものが消えてしまいました。
これまで唯一の定期寝台特急として設定されてきた、第1列車、第2列車特急“北斗星”が臨時列車に格下げされたんですよね。
ニュースなどでも当然ながら廃止されたトワイライトエクスプレスがどうしても大きくクローズアップされますが、事件の大きさとしては北斗星臨時格下げのバリューも大きいのになと思います。

その“北斗星”が運転を開始した1988年3月13日、少し残念な出来事もありました。
“ゆうづる”が廃止されたんです。
廃止というよりも、上野-青森間の特急列車から上野-札幌間の特急列車への発展的解消ではあったんですが、“ゆうづる”の列車名が消えることには変わりなかったんです。
かつて、1965年10月改正で“ゆうづる”は“はくつる”に続く東北二番目の20系特急として運転を開始したそうです。
“はくつる”が東北本線経由だったのに対して、“ゆうづる”は常磐線経由での運転でした。
東北本線だけを見ますと、ちょうど電化が盛岡に達した時ですから、盛岡以南はED75、以北はDD51ということで片づけられました。
が、問題は常磐線でした。
実は電化がまだ草野までだったんです。
なんと、平(現いわき)-仙台間のけん引機が平機関区のC62だったんですね。
山陽本線のブルトレC62けん引時代と違い、私は小学生になっていましたから、低学年ながら特急をC62がけん引していることを理解していました。
ただし、当然ながら撮影には行けずに岩沼電化に伴う1967年10月改正を迎えました。
今思えば、夏至の前後なら上りの富岡、木戸、広野、末続あたりで十分に走りを撮れたはずなんですけどね。
鬼才黒岩先生デザインになる秀逸な“ゆうづる”のヘッドマークを掲げたC62は、永遠のあこがれとなりました。

“ゆうづる”へのそんな幻想を私はED75に求めていました。
しかし、その“ゆうづる”そのものが青函トンネル開業に伴います1988年3月で消えてしまうんです。
それはそれは一大事でありました。
ただ、ED75 1001号機をはじめとする多くのED75P形が、国鉄のJR移行を大前提とした1986年11月改正で青森機関区から盛岡機関区へと転配されていまして、青森東運転区(←青森機関区)に転配されてきていた700番台なども“ゆうづる”仕業に入ってきていましたから、心の整理はついていたんですけどね。

ED75“ゆうづる”の走りが撮影できるのは下りの青森方に限られます。
そして、その下り“ゆうづる”は24系客車の尾久客車区、札幌運転区転配の関係から改正前々日の上野発3月11日が最後の列車となりました。
つまり、ED75“ゆうづる”走りを撮影できるのは3月12日の朝が最後になりました(上りはその日の青森発が最終列車ですが)。
ED75がけん引していたのは3列車と5列車の2本で、5列車がED75“ゆうづる”昼間の走りのラストとなったんです。
けん引機は写真のように700番台のED75 715号機ではありましたが、万感の思いで見送りました。

そして、それからちょうど27年、“ゆうづる”を発展解消させて登場した“北斗星”も定期運転を終えました。

(写真/文:某I)

Ed75_715_2

|

« 雪中撮影 | トップページ | 上り最終の「トワイライトエクスプレス」 »

執筆者某I」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

某I様こんばんは。
ED75”ゆうづる”あと10年早くこの世にいたら・・そんな思いで記事を拝読しました。
当時小学生の自分は駅で貰った時刻表を片手に両親のコンパクトカメラで駅撮りをしていました。
まだ鉄道の右も左もわからずの時です、しかし”ゆうづる”だけはED75が!ただそれだけで撮影していた思い出があります。
今思えば一眼を持っていたら、”北斗星”が出来なければ。とも思いましたが自分はその思いを”あけぼの”に向けていました。
I様の”ゆうづる”への思い、数多くの写真で恐れながらよく伝わってきます。
今回もED75記事勉強になりました、ありがとうございます。

投稿: studio75 | 2015年3月19日 (木) 00時23分

studio75さん、コメントありがとうございます。
もう少し早く生まれていたら...は誰にでもあることだと思います。
この“ゆうづる”の件につきましても、私が小学校3年の時まであのC62が牽いて走っていたわけでありまして、あと2~3年早ければ間に合ったはずでした。
それでも、studio75さんは少なくとも「ED75“ゆうづる”」にしっかり間に合ったわけです。
それは逆に、studio75さんよりもお若い方々から見れば、「えーっ、studio75さんはED75“ゆうづる”をお撮りなんですかぁ! すげぇなぁ...」となることでしょう。
もっと言いますれば、今からすればコンパクトでも一眼レフでもフィルムはフィルムなんです。
どちらも今のデジタルカメラの高水準からすれば、ほとんど変わらないレベルになります。
つまり、studio75さんのコンパクト作品も私のF3写真も同じことなんです(ED75“ゆうづる”時代の主力カメラはニコンF3でした)。
それより、ということは、我らは同じ「75ゆうづるフリーク」じゃないですか!

投稿: 某I | 2015年3月19日 (木) 09時23分

 こんにちは!
本日大宮からEF8181旧型客車の臨時列車が走るかも? というお話されてましたが
先ほど別件で大宮に行きましたら’大宮駅130周年ミステリー’列車が発車待ちしてました。
ミステリーだから宇都宮か日光かわからないですね。
車両は’日光号’です。HMも130周年を付けてました。
EF8181からこの編成に変わったようですね。
女川行きの夜行列車も走ると良いですね!!!

投稿: Wing33 | 2015年3月21日 (土) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/59293817

この記事へのトラックバック一覧です: 定期ブルトレ全廃:

« 雪中撮影 | トップページ | 上り最終の「トワイライトエクスプレス」 »