« ニコンD810を放出 | トップページ | ついにカウントダウン!「北斗星」 »

2015年3月28日 (土)

船岡の桜

ニュースを見ると季節的にもうソメイヨシノが開花したとかしないとか、桜前線北上の話題が目立ってきた。今日28日などは上野公園が花見客で混雑するという。まだ三分咲きだが、日本人の桜に対する思い入れはひとしお。鉄道写真も沿線の桜を入れたものが増えてくる時期だ。

そういった中、ニコンD800Eを買い戻して思い出したのは東北線・船岡の桜。2012年に最初のD800Eを買ったとき、柄にもなく「北斗星」を俯瞰撮影しようと現地に行ったが、天気に恵まれず、新型カメラの高性能を試すことができなかったという思い出がある。
その「北斗星」が臨時となって、おそらく最後の桜の季節を迎えた今年は、あのときの悔いを晴らすラストチャンスとなるわけだ。おおよそ俯瞰撮影など縁のない自分でも、愛用していたカメラが帰って来たタイミングでもあるし、もう撮れないかもしれないという中で、うまいタイミングで時間が取れれば行っておきたいポイントの一つであることには違いない。

正直、EF510には興味がないから長いレンズで引っ張る必要もなく、手軽な装備で行けることもありがたい。急坂を歩かなければならない場所だからなおのこと。

あとは「やる気」の問題だけ。どなたかにお誘いを受ければ重い腰も上がるというもの。同道してくださる方がいればありがたいのだけれど…。

*****************************************************************************

自分でも同じ列車の写真が続くと飽きてくるので、今回の写真で取りあえず北海道のDD51はお休みとして、また懐古路線に戻ろうかと思っている。
この写真が晴天下での「トワイライトエクスプレス」最後のシーンとなった。

(写真、文:U)

Photo

|

« ニコンD810を放出 | トップページ | ついにカウントダウン!「北斗星」 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

昨年7月に黄金のポイントでご一緒させていただいたWと申します。
トワイライト最終の際、私も渡道しておりました。
3月12日に例のポイントにおりましたところ、取材に来た道新(管理人注:北海道新聞)の石川さんから、思いがけずUさんの御名前を伺い、懐かしい思いでご連絡をさせていただいた次第です。(といっても、大分時間が経ってしまいましたが…)

本当はもう少し余裕のある時期に乗車をと考えていたのですが、この時期まで都合つかず、ダメ元で3月11日下りに並んだところ、運良くチケットがとれ、最後の乗車、撮影を楽しもうと計画していたのです。

結果は、まさかの運休。放心気味に急遽飛行機で道内入りしていたものです。
Uさんは、やはり喧騒を避けていらしたのですね。
お目にかかれなかったのは残念ですが、これから夏にかけ、渡道されるとのこと、またお会いする機会があれば幸いです。
作品のアップ、楽しみにしております。

(3月13日夕刊と、3月14日の室蘭版に私めのコメント、写真が少々掲載され、大人気なく喜んでおります 笑)

投稿: W | 2015年3月28日 (土) 17時15分

初めまして、いつもブログ拝見させていただきため息ばかりついております。
実は昨年から駅近くの線路上に「河原も公園もどちらの桜も見やすく」という我々からすると傍迷惑な理由により人道橋がかかってしまいました。
大体雰囲気で言いますと酒屋のでかい看板がある辺りのようです。
昨年、今年は大丈夫かいな?と思いながら撮影しておりました。
どこからの撮影にも見切れてしまいますが、もともと住宅地もそばにありましたので考えようなのかもしれませぬ。
撮影の際にはご注意ください。

投稿: せんだい人 | 2015年3月28日 (土) 21時30分

Wさま、お久しぶりです。
あの日(12日)は黄金にいらしたのですね。当方もすぐそばにいましたが、お会いできず残念です。Wさんがいらした場所は最近になって人が増え、自分の好きなポジションでの撮影が困難だと判断し、今回の旅行では貨物列車を1度撮ったのみに終わりました。北海道新聞の石川記者には別の場所でお会いし、どこか人が多く、取材できるところを探していたようなので、そこから近い場所として紹介した次第です。現地で夕刊の記事を見て、ひょっとしたらWさまのことではないかと感じておりました。当方が提供した昨秋撮影の写真も14日朝刊の胆振室蘭版に掲載していただきました。

あの場所、昨年はかなりの頻度で通いましたが、近隣県在住のファンがブログに掲載してしまい、徐々に人が増えて撮りにくくなったうえ、最近では線路際の標識を抜いたりするような連中まで現れてしまったようです。そんなことも聞きかじっていたことから今回はなるべく人と接しないですむようなポイントを中心に展開したため、Wさんとお会いする機会まで逸してしまいました。

今後しばらくは臨時列車として細々とではありますが「北斗星」または「カシオペア」が走りますから、もうしばらくは当方の北海道詣でも続くことでしょう。またお会いできるチャンスがあることを楽しみにしております。

なお、僭越ですがWさまのご本名をあえて伏せておきますが、石川記者については記事も署名入りなので実名とさせていただきました。

投稿: U | 2015年3月30日 (月) 08時40分

「せんだい人」さま、船岡の様子をお知らせ下さいましてありがとうございました。
2012年春に訪問してから現地へは足を向けておらず、人道橋が架かったこと、全く知りませんでした。夜行列車の終焉でやっと重い腰を上げて最後の桜を見に行こうかと考えていた矢先、ちょっと残念です。

とは言え、現地の方々の利便性などを考えると文句など言ってはいられません。アングルを工夫できるものなら、そうやって対処するか、あるいは存在するものは仕方がないと割り切って撮影に臨みたいと思います。「せんだい人」さまもおっしゃるように、住宅地もあってそれは隠しようもないわけですから。
とにもかくにも自分の目で確かめて、風景をどう切り取るかを考えたいと思います。

それよりも、今年の桜の見頃はいつごろになるのでしょうか?東京での開花を考えると例年よりも少し早いような気がしますが。

投稿: U | 2015年3月30日 (月) 09時05分

すみません。
あれからもう一度よく新聞記事を見たのですが、展望台の真横あたりに出来ておりますので普通に撮影すれば良い写真が撮れるのではないかと思われます。
できる、ということと昨年行った時のあやふやな記憶で言ってしまいました。すみません。
是非、良い写真になることを祈念しております。

投稿: せんだい人 | 2015年4月 6日 (月) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/59433757

この記事へのトラックバック一覧です: 船岡の桜:

« ニコンD810を放出 | トップページ | ついにカウントダウン!「北斗星」 »