« 春めいて | トップページ | 北海道行き直前のリハビリ写真 »

2015年3月 4日 (水)

春の珍事

通勤に使っている田園都市線。朝のラッシュ時の慢性的遅延は当たり前になってきているから、「遅れないはずがない」と10時出社の時は、それを見越して自宅を出る。いわば「定刻通り遅れている」というイメージだ。

しかし今日4日の遅れはひどかった。車内放送によると駒沢大学と桜新町の間で行われた夜間作業の遅れで電車に遅延が出たというお粗末な話。
しびれを切らして途中駅でほかの路線に乗り換え、初めて都営地下鉄の中延~泉岳寺を乗車できたのは朝っぱらから貴重な体験だったがほとほと疲れた。2時間30分も立ったまま電車に乗ったのは何年ぶりだろう。「乗り鉄」ではない自分としては勘弁して欲しいというのが率直な気持ち。

車内放送の「信号が変わり次第発車します」というアナウンスも当たり前すぎる。何度も何度も繰り返すことも拍車をかけ、こいつらバカじゃないかとすら。これからどうなるのか、渋谷まで何分程度かかるのかなど、具体的なことを知りたいのに、こういう誰でも分かる内容ばかりではイライラさせられる。
さらに駒沢大学で気分の悪くなった乗客の救護が重なったのだが、その情報が入った途端、遅延の原因がこちらにすり替えられたのにもあんぐり。
かわいそうにイライラの矛先はどうしても乗務員に向かってしまう。二子玉川では乗客が激しく文句を言っている場面にも遭遇した。

ところで鉄道ファンとしてはこの田園都市線の夜間工事の遅れを目の当たりにして、青函トンネルの新幹線試運転や関連工事などに不手際があった場合、在来線に対してこんな影響が及ぶのかと思い知った次第。
やはり試運転が本格化する9月以降の「カシオペア」「はまなす」の運転は厳しくないのだろうか?

*******************************************************************

久しぶりの鉄道撮影。今年になって2回目で約2か月ぶりだというのに、ご覧のように雨にたたられた。上り電車にかぶられたことは個人的に画面のすきまが埋まって、ネガティブにはとらえていないし、雨をつんざいて走るシーンなど滅多に撮れない(そもそも天気が悪いと撮りに行かないわけだが)から、これはこれで良しとしている。

それよりもダイヤ改正間際になって発生した春の珍事、EF81による「カシオペア」牽引は、このまま10日発の下り列車まで続くらしい(と言うことは12日の上りまでということ)。現在、95号機が青森に下って明日5日に上ってくるなど、関東のファンには良い被写体になりそうだ。

北海道の夜行寝台列車撮影をキャンセルして、次の81号機牽引を狙うというファンも多いだろう。ふだんはEF81に関心のない自分だが、3日も上り列車を撮りに行ってしまった。

(写真、文:U)

_dsc1251_1

|

« 春めいて | トップページ | 北海道行き直前のリハビリ写真 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/59137114

この記事へのトラックバック一覧です: 春の珍事:

« 春めいて | トップページ | 北海道行き直前のリハビリ写真 »