« 上り最終の「トワイライトエクスプレス」 | トップページ | DF200の画像② »

2015年3月20日 (金)

DF200の画像①

今回の北海道行きでは久しぶり古くからの友人K氏と1日だけだったが、行動を共にすることができた。

2008年に鉄道撮影に復帰したとき、沿線にフェンスが立てられたりして、かつて撮影できた場所が撮れなくなるなど周囲の状況が一変して右往左往する自分の面倒をよくみていただいた。ブルートレインの終焉に当たって、諸々の写真を撮ることができたのは彼のおかげにほかならない。この趣味に空白をつくってしまった自分だったが、その間も彼はコツコツと列車を追い続け、今になってみればうらやましいほどの貴重な記録を山ほど残している。お仲間たちとの集まりにしても幹事役を引き受けてくださり、初めて出会ってから30年以上経った仲間同士、連絡が途絶えないのは、これまた同氏のご尽力あればこそだ。

そのK氏と伊達紋別で酒を酌み交わし、昔話をしつつ翌日の夕方まで最後のブルトレ撮影にご一緒できたのは、「楽しい」という言葉以上の忘れ得ぬ良き1日になった。
彼にとって最終日、遅延発生のために撮りたかったポイントで迎え撃つことができなくなった「トワイライトエクスプレス」だったが、その無念を別の場所で取り返すことができたのは、仲間の1人として心から安堵した。なぜなら午前中の撮影を終える寸前まで、彼はこれまたダイヤ改正で消滅する711系電車を撮りに行こうと考えていて、それを半ば強引に引き止めたのが自分だったからだ。無理に誘っておきながら収穫を得られなかったら責任重大、同行のH氏の助言にも大いに助けられ、どうにかK氏も納得の1枚を仕留められたようでホッとした。

ご自身のブログで帰途、ベートーベンの「皇帝」の第2楽章が脳裏を廻っていたと安堵の気持ちを述べられているが、実に彼らしい表現で、こちらとしてはさながらマスカーニのカバレリア・ルスティカーナ間奏曲といった気分か。とにかく良かった。

まだRAW現像ができていないが、近いうちにそのときの写真をアップしたい。

******************************************************************************

夜行列車の写真はまだあるが、同じ類のものばかりでは自分自身も飽きてしまうので今回はDD51は中休みしてDF200の画像。いつもはただ何となく撮っている貨物列車だが、今度の旅行では比較的真面目に撮影した。

(写真、文:U)

_dsc69961

_dsc67701

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

|

« 上り最終の「トワイライトエクスプレス」 | トップページ | DF200の画像② »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

U様
1週間に渡る北海道遠征お疲れ様でした。
また前半の1日だけでしたが、
同行できて楽しい時間を過ごすことが出来ました。有難うございます。

お陰様で、あのような経緯で北舟岡に行き、U様はじめ、H氏、Md氏、F氏皆さんで8002レを撮影できたことは、一生の思い出になりました。

U様の復帰が2008年ということは、もう7年が経ったということですね。
本当に早いもので、これでは定期ブルトレが無くなる事も仕方がないと思えるくらい、月日は早く流れてしまいました。
復帰当初、U様は長岡バルブに傾倒し集中して撮影、何度かご一緒しましたね。
そして今回も北海道に集中して撮影計画を立て実行しました。
35年来の友人として私は、いつもその辺のセンスやぶれない行動力に憧れ、自分自身を奮い立たせておりました。
2008年までと言えば、私自身撮影こそ継続してはいましたが、
気持ちのないマンネリの雑魚写真ばかりで、情けない状況でした。
復帰した直後、U様は私に
「やっぱり鉄道写真って、楽しい!」と話してくれました。
その素直な言葉に衝撃を受け、自分にも何か光が差し,
今日まで撮影を続けられたという気がしてなりません。

コメントが長くなり申し訳ありません。
今後は、私自身も記事投稿を再開させて頂き、
大変微力ではありますが、
ブログ継続にお力添えしたいと考えています。
今後とも、宜しくお願い致します。


投稿: K | 2015年3月23日 (月) 16時40分

Kさん、北海道での1日は当方も良き思い出となりました。あの日以来、「トワイライトエクスプレス」は晴天下での撮影ができませんでしたから。

鉄道撮影に復帰して早くもまる7年。何とかブルトレの終焉に間に合いましたが、HさんやTさんもこの趣味に戻って来られ、今後は復活蒸機などでまた皆さんと共に線路際に立つ日を心待ちにしております。

こちらのブログへの寄稿も期待しております。お宝画像が次々とアップされることでしょう。執筆者の1人としてだけではなく、読者としても楽しんでいきたいと思っています。どうかよろしくお願いします。

投稿: U | 2015年3月24日 (火) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/59336068

この記事へのトラックバック一覧です: DF200の画像①:

« 上り最終の「トワイライトエクスプレス」 | トップページ | DF200の画像② »