« 航送車両の入換 | トップページ | EF58初の廃車機 »

2015年1月19日 (月)

名作のロケ地近くの有名撮影地

寒さや体調不良、それに写欲をかき立てられるネタもなく、このところ鉄道撮影から遠ざかっている。カメラのバッテリーもエンプティとなっているのにチャージしようとするきっかけもない。
そして今、北海道に行って不安定な天気の中で寒さに耐えて列車を待っても、「トワイライトエクスプレス」などは日本海側の雪で時間通りに来ないことも多いだろうから無理することもない。何だかんだ言っても鉄道写真はその出来が天気に大きく左右されるのは間違いないジャンルだし、特に自分のように車両中心の写真となればその傾向が顕著だ。

と、言い訳しながらこのところ読書に耽って休日もあまり外に出ていない。
ひと頃、冬になって気温が下がったら「北斗星」の撮影に出かけようとクローゼットの奥から、20年ほど前に買ってお蔵入りしている800ミリを引きずり出したものの、手にした途端、そのあまりの重さにウンザリして、ますます線路が遠ざかってしまった。長ければ良いという、無分別な時分に入手した、ほとんど無用の長物になりかかっているこのレンズには近々、処分という問題が出てくるだろう。二束三文で構わないから、自宅から徒歩で行ける買い取り業者に持っていけば、ムサシノモデルの模型の一つぐらい買えるのではないかと考え始めているが、買ったときの価格を考えればもったいないことだ。

さて、ようやく高倉健主演の映画「駅」のDVDを購入した。この映画1981年、大学4年の時に公開され映画館で見たが、そのときから高倉健と倍賞智恵子の居酒屋シーンが印象的だった。居酒屋店内のテレビから流れる八代亜紀の「舟唄」が大いに場を盛り上げるが、倍賞智恵子の演技が素晴らしい。
就職してからこんな女性がやっている居酒屋を探し求めたが、ついぞそんな都合の良い店には出会えなかった。
アマゾンで¥1900ほどだから興味のある方にお勧めしたいが、40代以上の人向けかも。

で、この映画の序盤に函館本線・白石~苗穂の豊平川鉄橋が登場する。高倉健扮する刑事の先輩(大滝秀治)が拳銃を持った男に射殺されるシーン。このロケ地が、2度ほど行って夜行列車を撮ったポイントのすぐ近く。線路を挟んで反対側ではないかと思うが、こんな近くで名作が撮られていたことに驚いた。

(写真、文:U)

_dsc0568

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« 航送車両の入換 | トップページ | EF58初の廃車機 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

音楽、映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/58600678

この記事へのトラックバック一覧です: 名作のロケ地近くの有名撮影地:

« 航送車両の入換 | トップページ | EF58初の廃車機 »