« あるYS-11の有終 | トップページ | EF651118を注文 »

2015年1月12日 (月)

京都駅の「赤帽」

今回はちょっと毛色の違った写真。
国鉄民営化を翌年に控えた1986年、京都駅で撮影した「赤帽」さん。当時すでに「赤帽」を依頼する人は減り、全国的にもほとんど見かける機会がなかった。

カメラを向けても撮影に応じてくれるかどうか心配だったが、外国人観光客の依頼が多い京都駅の方たちは快く応じてくれた。チップ制度が当たり前の外国人に とって「ポーター」という荷物を運ぶサービスは、比較的身近なもので気安く頼めたのだろう。けっこう多くの注文が入っていたことを思い出す。荷物の大きさにもよるが1個¥150~300程度の料金だったように記憶している。

今となってはスーツケースもキャスター付きのものが主流となって、こんな仕事が成り立つ環境ではなくなってしまった。軽貨物運送業を営む個人事業主で組織される協同組合に「赤帽」というのがあるが、ネーミングの由来となったこの職業をどれだけの人が覚えているだろうか。

カラーで撮影していなかったことが悔やまれる。

(写真、文:U)

Img0611

Img0621

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

******************************************************

ニコンが海外のショーで300ミリのF4を発表した。このレンズ、以前はかなり旧式で早く新型が出ないかと期待されていたが、もうすぐ発売されるであろう新型は位相フレネルレンズ採用で旧型より30%ほど短くなり、手ブレ補正も強力となっているようで、なかなかの性能のようだ。当然、価格もそれなりで、国内での実勢価格は20~25万円になりそう。

しかし写真を見ると分かるように大きさとしては180ミリクラスのレンズより少し大きい程度で、手持ちや旅行用にはかなり使い勝手が良さそう。デジタルカメラの高感度性能が向上した今、開放値がF2・8のレンズをしのぐ機動性が期待できる。

80~400ミリレンズと競合する価格設定になりそうで迷う人も多いかもしれない。

Nikon_300mmf4epe

|

« あるYS-11の有終 | トップページ | EF651118を注文 »

カメラ」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/58558223

この記事へのトラックバック一覧です: 京都駅の「赤帽」:

« あるYS-11の有終 | トップページ | EF651118を注文 »