« まもなく5千万画素の時代へ | トップページ | あの日、高崎線で »

2014年12月27日 (土)

「北斗星」の撮っておきたいシーン

年の瀬が迫り今日27日から9連休となる人もいる。地方に実家がある人などは早くも帰省したりして、おかげで都内の道路は空いてくる。つまり、これから来年1月4日まではあまり渋滞もなく車での撮影行も楽になる。盆暮れはこういうことがありがたい。貨物列車の運休が増えるとしても、来年夏には見られなくなる「北斗星」を撮るには良いチャンスだ。

先日、「富士」の撮影に出かけた際、お隣の人と話していてダイヤ改正以降は、EF510のカシオペア塗装機が臨時の「北斗星」を牽く ことは滅多になくなるだろうと気づいた。しかも2両しかないカシオペア塗装機のうちの1両、509号機は今後もしばらく復帰しそうにないからなおさら。

それともう一つ、記録という面では「カシオペア」と「北斗星」が上野駅13,14番線で並ぶシーンもそう長いことではない(「並ぶ」といっても非常に撮りにくい環境だが)。冬ダイヤで「北斗星」の上野到着が通常よりも約30分遅い今は無理だが3月2日以降、ダイヤ改正までの間にもう1度撮っておきたいと考えている。

(写真、文:U)

2012224

_dsc11481

_dsc11611

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« まもなく5千万画素の時代へ | トップページ | あの日、高崎線で »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/58391522

この記事へのトラックバック一覧です: 「北斗星」の撮っておきたいシーン:

« まもなく5千万画素の時代へ | トップページ | あの日、高崎線で »