« 新しい獲物 | トップページ | しばし休息をいただきます »

2014年12月11日 (木)

19日の「富士」について

今月は何かと立て込んでいて北海道に行くことはなさそう。かといって東京周辺でも鉄道撮影に出る機会もほとんどないだろう。今のところ予定しているのは19日の東京駅開業100周年記念の「富士」くらいか。金曜日とはいえ、ものがものだけにそこそこの人出になるとは予想しているが、回送の尾久→大宮操も先頭となるEF65501にヘッドマークが掲げらるという。つまりこの区間で撮影してから東京を出る本番列車へと転戦できるということは、2回チャンスがあるということになる。
尾久~東大宮は客扱いしないし、かつて「富士」が走った区間ではないから、こだわる人には違和感があるかもしれないが、もともと今回の列車そのものが今は走っていないものなのだから、細かいことに目をつぶって撮影機会を増やした方がクレバーというもの。ちなみに16日に東海道線で試運転まで実施するようだし、20日の青森返却は「帰りがけの駄賃」とばかりに団臨に使用されるもよう。

19日は尾久を11時50分ごろ出て大宮操に12時15分。この区間がEF65501が先頭となるから、本番の列車が東京駅を出発する14時までにはじゅうぶん移動可能なはず。尾久→大宮は晴れると光線状態があまり良くないが、東海道線内での1回だけのチャンスにほかの列車に被られて泣きを見ることもあり得るから、押さえに撮っておくのも悪くない。それにこの区間なら少し早めに行っておけば「北斗星」も撮れるというのが一石二鳥でもある。

ほかに年末年始の臨時「あけぼの」は天候次第で遅延でも出ない限り走行シーンは難しいが、とにもかくにもこれが本当に最後のチャンスになる可能性も高く天気予報から目が離せない。

******************************************************************

今日はいろいろあってもうパソコン画面を見るのも疲れた。こんな短めの記事を書くだけでも精一杯。20時前には就寝したいと思っている。

(写真、文:U)

_dsc59181
【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« 新しい獲物 | トップページ | しばし休息をいただきます »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/58237382

この記事へのトラックバック一覧です: 19日の「富士」について:

« 新しい獲物 | トップページ | しばし休息をいただきます »