« 北舟岡の跨線橋から | トップページ | ニコンDfの限定バージョン »

2014年11月13日 (木)

健康維持のための鉄道撮影

50代も半ばになるとそろそろ体のあちこちにガタが出てくる。年齢とは直接関係ないかもしれないが自分の場合、最近最も気になったのが咳。8月の20日頃に出始め、おかげでピーク時は肋骨を折ってしまったほど。今でこそ少し緩和されたものの、それでもまだ寛解には至らず、近所の内科へ週に1度は通い続けている。CTスキャンで調べたら、悪い病気は見つからなかったから安堵しているが、これから冬になるから油断できない。

次いで気になるのが目。左目が霞むようになり、電車内での読書が面倒になってきた。白内障を覚悟して眼科に行こうかと思っていた矢先、目薬を使ったら症状が軽くなったから様子を見ているものの、早いうちに対処しておいた方が良いに決まっている。仕事でもパソコンを使い、何かにつけてスマホの世話になり、さらに家でも写真の処理などでVDT作業ばかりやっていれば目の酷使は避けられない。
夜行列車が衰退すれば写真撮影から離れられるから少しは楽になると思っていたら、模型にかける時間が増えれば同じこと。プラスマイナス0というわけで、今後も鉄道に関する趣味を続ける限り、目に現れるさまざまな症状には敏感でなければなるまい。

今のところこの二つの症状が気になるが、これからもまだまだ別の場所に現れるさまざまな衰えをだましだまし生きていくことになるのだろう。

さて、そんなことを考えると、前述のように鉄道撮影を離れるよりも、体力維持にはむしろ撮影を続けた方がベターではないかという発想が浮かぶ。とりわけ磐越西線や釜石線など空気の良い地方のSLが走るところで、撮影のために歩くのは老化防止に大いに貢献しそう。便利な都会で交通機関の恩恵にどっぷり浸かった生活では足腰が劣化するに決まっている。山登りやハイキングなどに関心はないが、列車を撮影するという明確な目的があれば否が応でも歩かなければならない。そういう意味ではこの趣味、ほどほどに続けていくのも体のためにはプラスになるだろう。
自分のようなな元来、怠惰な男、鉄道撮影から足を洗ったら、休日などは昼間っから酒を飲んでリビングのソファでゴロゴロして過ごす日々が増えるのは明らか。カミさんからも粗大ゴミ扱いを受けるくらいなら、今でこそあまり興味のない復活SLでも狙って、それに集まる自分と同じ中高年とワイワイやっていた方が健康でいられるかも。まがいものの復活蒸機だから、それほど入れ込まずに適当に撮れば良い。撮影などはほどほどにして、現役SL時代を知っている周囲の人でも相手に、伯備線の2492列車だの石北線の1527列車だのという話に相づちを打ちながら健康的に酒を飲めれば最高!
撮影に行って、良い空気を吸い、歩いて汗をかいた後に温泉にでも入り、おしゃべりすることは老化を遅らせる特効薬に違いない。

などと、年齢とともに鉄道を趣味という観点よりも、健康維持の側面から考えるようになって来た。お仲間の皆さんとそんな旅行に出るのも、そう遠い先ではなさそうだ。

**************************************************************************

JR西日本のHPを見ると、16日に敦賀運転センター車両管理室構内でEF81の展示会があるとの発表。以前にそんな話は聞いていたが、5日前の正式発表とは突然すぎないか。

**************************************************************************

久々のEF5861.

これを撮ったのはまだギリギリ20代のころだったかも。1987年だったか1988年。記録もろくに付けていない。もうこの頃は客車の種類などまったく眼中になく、なるべく良い光でアップで撮ることばかりを考えていた。600ミリでの撮影。

(写真、文:U)

Img0202

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

|

« 北舟岡の跨線橋から | トップページ | ニコンDfの限定バージョン »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/57973552

この記事へのトラックバック一覧です: 健康維持のための鉄道撮影:

« 北舟岡の跨線橋から | トップページ | ニコンDfの限定バージョン »