« 告白ついでに戯れ言を | トップページ | 秋の北海道旅行から① »

2014年10月20日 (月)

ベルビアで撮った成田臨

今月も17日から19日まで北海道に行って来た。「カシオペア」が運休中なのは残念だが、秋の太陽光線下で「北斗星」「トワイライトエクスプレス」が撮るのが目的。帰宅が19日深夜だったため画像の整理がまだできないが、それなりの収穫は得られたと思う。

ちょうど紅葉の時期とあってC11の「ニセコ号」と掛け持ちで来ているのか、予想していた以上にファンは多かった。特に非電化区間での上り「トワイライトエクスプレス」は日没が迫る時間帯とあって撮影は難しく、最も無難な北舟岡周辺に人が集中していた。
紅葉はニセコや比羅夫など山間部では若干、ピークを過ぎた感もあるが、室蘭本線の沿岸部などはあと1週間ほどは楽しめそうだ。かく言う自分は紅葉だろうと新緑だろうと、車両中心の写真ばかりで周囲の光景はほとんど画面に入らないが、それでも運転中に目にする紅葉を美しいと感じたのは間違いない。今年は新緑、紅葉ともに良い時期に訪れる機会をもて、列車撮影以外でも北海道の美しい景色をじゅうぶん自分の目に焼き付けることができた。

次回以降、今度の旅行で撮ってきた写真をアップしていくが今回はストックから。

かつては客車を利用していた成田臨。当時はEF65の12系など、わざわざ撮りに行くことはなかったが、このときはEF5889も走った日だったと記憶している。線路の下を流れる溝から見上げるように撮った。
この1年半前に転勤で赴任していた福岡から戻ったが、福岡時代からリバーサルフィルムをコダクロームからフジのベルビアに変更していた。その派手な発色を気に入ったためだが、それもあって冬の青空がいっそう際立つ。コダクロームよりも変退色に弱いとされながらも、今なお変化の兆しはない。

(写真、文;U)Img0491
【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« 告白ついでに戯れ言を | トップページ | 秋の北海道旅行から① »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/57731013

この記事へのトラックバック一覧です: ベルビアで撮った成田臨:

« 告白ついでに戯れ言を | トップページ | 秋の北海道旅行から① »