« PとPFのブルトレ並び | トップページ | 忘れていたカラー写真 »

2014年10月14日 (火)

名所を行くEF5861

Uさんが小生のスキャニング作業についてコメントされていた。本ブログ、毎日ひらいてはいたものの、恐らく半年ちかくご無沙汰してしまった。

1975年から鉄道写真を撮り始め、2004年にデジカメを導入、2008年にほぼ完全デジタル化するまでに撮り貯めたフィルムは7~8千本、数十万コマになるが、現在1999年秋までのスキャンが済んでいる。国鉄時代、昭和時代はほぼ完全にデジタル化出来たことになる。

とはいっても、私の場合は質より量にウェイトを置いたので、丁寧にひとコマづつというより、軽めのデータ取り込みに抑えて一気に作業を行う形式を選択した次第。とにかく早めに読み込んでおかないと退色とキズやカビとの闘いに負けると言う切迫感で、ここ4~5年スキャン作業にかなりの時間を割いてきた。

あと7~8年分の残りを処理するのに2年ほどの期間を見込んでいる。一番はかどるのは、冬季の天気の悪い週末。自宅の部屋でぬくぬくしながら朝から晩まで作業をしていると3ヶ月撮影分くらいの進捗になるときもある。

このところ噴火や台風など自然の脅威が目だっているが、東海道本線も静岡県内で土砂崩れで不通になっている。

丁度、この写真の下辺の麓あたりがその現場と思われる。

そういえば今日は丁度(昔で言う)鉄道記念日でした。

(写真・文:K.M)

1985年1月9日 回8411列車 EF5861  東海道本線 由比ー興津

67cl1039

|

« PとPFのブルトレ並び | トップページ | 忘れていたカラー写真 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/57663741

この記事へのトラックバック一覧です: 名所を行くEF5861:

« PとPFのブルトレ並び | トップページ | 忘れていたカラー写真 »