« 病院通いの日々 | トップページ | 田端撮影会にまつわる噂 »

2014年9月 5日 (金)

「富士」の復活(?)運転に寄せて

12月の東京駅開業記念行事の一環として、同月19日にブルートレインの「富士」が運転されるとの話はしばらく前にJRの関係者から聞きかじっていた。ただ、その方も運転区間など詳しいことについては知らないようで、こちらもあえてそれ以上のことはおたずねしなかった。

しかし「富士」と聞いて牽引機にどの機関車が使われるのだろうかとは考えた。常識的には田端のEF65PFが順当だが、うまくすればEF65501が任に当たるかもしれないという期待も湧く。さらにヘッドマークが円形のものならば、同機にはお似合いのデザイン。前回の記事に501号機の写真をアップしたのは、そんな思いもあって今まで撮影した写真を眺めていた挙げ句のことだった。

ただ一つ、寂しいのは運転区間が東京~伊東という点。このご時世に九州まで走るなどということは夢物語だが、冬の澄んだ空気の中、世界遺産にもなった富士山の眼下、三島~函南を走れない「富士」というのは画竜点睛を欠いた印象がぬぐえない。

(写真、文:U)

_dsc4126

_dsc4134

【ご注意】

アップした写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« 病院通いの日々 | トップページ | 田端撮影会にまつわる噂 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/57281980

この記事へのトラックバック一覧です: 「富士」の復活(?)運転に寄せて:

« 病院通いの日々 | トップページ | 田端撮影会にまつわる噂 »