« この飛行機で行くんです | トップページ | 海峡線遠征を断念 »

2014年9月30日 (火)

こちらも畑違いの写真を

Iさんにならってこちらもいつもとガラリ違った写真でいきます。
と言ってもジャンルとしては鉄道に違いない被写体。先日の北海道旅行で〝朝練〟と〝夕練〟の合間に撮った函館市電。ブログを初めて以来、路面電車の写真を自分の記事にアップするのは初めてではないかと思う。

早朝、木古内方面で「北斗星」を撮って、そのまま非電化区間に追いかけて2回目を撮影しても上りの「トワイライトエクスプレス」まで8時間近くも間が空く。この間、特に撮りたい列車もなく、せいぜい貨物のDF200を狙うぐらいが関の山だが、それとて太陽が真上に来てしまう時間帯。夕方になればもっとマシな光で撮影できるのだから、それなら普段撮らない市電でも撮ってから移動しようと函館市内に戻った。

H氏と観光気分で港の見える坂の上から撮ったり、駅近くの電停でカメラを構えたりしての暇つぶし。たまにはこういう撮影も悪くないと気軽に考えて臨んだが、やはり撮り始めると入れ込んでしまう。けっきょく停留所で超望遠レンズを付けて本腰を入れてしまった。

ひとしきり撮影した後、遅い朝食でも取ろうと自由市場の方に向かったら、古めかしいレトロ車両がやって来たから、慌てて近道で先ほどの撮影場所に戻ってこの観光用の車両も押さえることが出来たのは拾いもの。労せずして面白いものに巡り会った。

北海道に行くと朝の撮影後、昔はDD51の貨物列車などのターゲットがあったが、昨今はヒマを持て余す。飛行機が好きならば函館空港などに行く手もあったが、自分のように旅客機に関心のない者は時間のつぶし方に悩む。酒でも飲んで昼寝でもしたいところだが、車の運転があるからそうもいかない。風呂上がりのビールも飲めないのであれば温泉施設に行くのも辛い。
そういう点では関心は深くはないものの、たまには撮影しておいても悪くないと思う市電のような被写体がある地はありがたい。

(写真、文;U)

_dsc0213

Img5451

上から2番目は1984年7月の撮影。JR(当時は国鉄)にかかる万代跨線橋近くで撮った記憶がある。函館市内から江差方面に分岐するあたり。
この日は五稜郭機関区で三つ目のDD51を撮影してから、18時すぎに市内に戻ったが、その途中のこと。この系統はなくなってしまったようだ。

これだけでは自分自身も面白くないので1978年2月に撮った都電の写真も↓

Img5471_2

19782161

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます

|

« この飛行機で行くんです | トップページ | 海峡線遠征を断念 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/57534599

この記事へのトラックバック一覧です: こちらも畑違いの写真を:

« この飛行機で行くんです | トップページ | 海峡線遠征を断念 »