« 好きだったポイント | トップページ | D800E/D810考 »

2014年8月23日 (土)

狙っていた写真

22日、JR各社から秋の増発列車が発表された。
今年はC57180が検査のために工場入りする関係上、浮いた「ばんえつ物語」の客車を使い、ED75やDLなどが牽く列車も設定されているし、甲府や横浜から水上へ向けたEL、SL牽引の列車などが目玉となりそう。退屈しない秋になりそうだ。

その一方、北海道方面の夜行列車に時刻変更や運休などが設定され、新幹線の函館開業に向けた準備が本格化する。

時刻変更は「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」の札幌到着が1時間前後遅くなるほか、「トワイライトエクスプレス」については大阪着が4時間も遅くなる。また「はまなす」も運休する日が設定されているほか、上りの青森着が6時台になって、東北新幹線の上り始発列車に間に合わない日があるようだ。

ファン的な関心は時刻変更によって、これまでとは違う目新しい場所で撮影できるもので、上りの大阪行き「トワイライトエクスプレス」がそれに当たる。新潟県北部での走行シーンが撮れそうなダイヤだし、細呂木などは順光になりそう。
しかしそのほかの「カシオペア」や下り「トワイ」、上り「はまなす」は定刻よりも遅いスジになるものの、冬の日の出時刻を考えたら、ほとんど変わり映えはない。

さて、反対にこれらの列車が運休となる日は新幹線に関する試験が行われると推察できる。どんなことが行われるかは不明だが、貨物列車まで運休にしてしまうかどうか、あるいは貨物に限っては試験を兼ねてEH800で運転されるのか注目したい。

もう一つ気になるのは2月までしか運転日が発表されていない点。「トワイライトエクスプレス」についてはすでにダイヤ改正での廃止が決まっているが、「北斗星」「カシオペア」についても何らかの変化を予感する。JR東はすでにこの2列車についてダイヤ改正以降の去就を決めているはずで、現段階での発表は時期尚早として伏せているものの、新幹線開業に向けた試験がさらに本格化する3月以降、今のまま運転されるとは考えにくい。

先般、青森県や岩手県が第3セクターの収入維持を訴えて国交省に「北斗星」「カシオペア」の存続を申し入れたらしいが、夜行列車そのものを存続させるより、廃止に伴う収入減の補填策を考える方が現実的。未来永劫、夜行列車が残るはずもないのだから、そういった方向で妥協案を模索していくことになるだろう。

*****************************************************************************

前回と同じ場所で撮影した「あけぼの」の写真。今年の3月10日撮影。

例年なら3月になると雪をまとった「あけぼの」はほとんど見られなくなるのだが、ことしはこの翌日も盛大に着雪があった。
2013年夏からこのようなアングルが撮れるようになって、冬になったら是非ここで雪を付着させた双頭機の「あけぼの」を撮りたいと狙いをつけていたが、3月にもなってそれがようやくかなった。
完璧に晴れたら列車に向かって左側が暗くつぶれて、コントラストが高い見苦しい写真になる。条件として下の3つが揃った日を待望していた。

①曇りの日
②上越国境に降雪がありながらも定刻で運転されている日(遅れると雪が溶けかかって緩くなってしまう)
③双頭機、できれば2エンド側が上野に向いていること

定期列車廃止を目前にしてギリギリ、願っていたような写真を押さえることができた。人から見ればどうと言うことのない写真だろうが、自分としては5指に入る「あけぼの」の1シーン。

(写真、文:U)

_dsc03134

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

|

« 好きだったポイント | トップページ | D800E/D810考 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/57161276

この記事へのトラックバック一覧です: 狙っていた写真:

« 好きだったポイント | トップページ | D800E/D810考 »