« 苦し紛れの撮影地選定 | トップページ | 撮影地巡礼 »

2014年8月14日 (木)

ニコン新機種の噂

ニコンD810購入に当たってD800Eを下取りに出したが、そのときにD7100も売ってしまおうかと考えたことがある。D810をクロップで使用すればDX機の存在意義が薄れてしまうからだ。
実際、北海道でD800Eを1・5倍のクロップで使用して撮った画像を、D7100で撮ったものと比較してみたら画質はD800Eの方が勝っていたという現実を目の当たりにして、そういう考えに及んだ。

結局そうしなかったのは、まだ900コマしか撮っていなかったのと下取り価格の安さ。D7100をさらにクロップで1・3倍にすると、FX機の倍の画角が得られること、それにニコンの今後の商品展開を考えると、どうもFX機の方に重点が置かれそうに感じたことがある。すなわちDX機は低価格のものが中心になりそうな気配だから近い将来(この1年ほど)、D7100を上回る性能のDX機が出るとも思えず、もしそうなら今手放す必要もないと判断したからだ。

そんな矢先、アメリカから帰国したカメラ好きの同僚によると、向こうの雑誌にニコンは秋にFX機をもう1機種投入するという話が載っていたと教えてくれた。
興味があって詳しく聞くとその内容は価格が日本円で¥200000~250000程度、画素数1800万~2400万、連写性能はD810を上回りAFがD4S並みになるというから、もしそれが本当なら人気を博したD700の後継版というとらえ方もできる。画素数が2400万になればD4Sのそれを越えるわけだが、高感度性能がどのレベルになるかが見どころだ。なかなか魅力的なミニD4S版といったところで、画素数だけは「下克上」の可能性すらあり得るとのことだった。

この噂が本当かどうかは疑問だが、キヤノンがそろそろEOS7Dの後継機を出すらしく、それに対抗する戦略と考えれば否定しきれる話ではない。
まもなく鉄道車両で撮りたいものがなくなるから、この機種が出たとしても静観するつもりだが、必要じゅうぶんで程良い性能は人気を博すのではないかと予想する。

※あくまでも噂であるということをお断りしておく。

***************************************************************************

久しぶりの田端運転所撮影会。巷ではEF8181がローズピンクになるという話で持ちきりだから、今回はそれが目玉となるのだろう。個人的にはパッとしないローズピンクよりも今の色の方が好きだが、いったい何のための塗装変更なのだろう。そのうちEF5861、DD51842とともにお召し装備で撮影会でも行うのだろうか。

予定では28日に田端に戻るらしく、その後10日を経ずして撮影会となるため、ピカピカの状態を期待している。

***************************************************************************

かつて高崎線内で撮った「あけぼの」。
現在、お盆で都内の道路が空いているのに〝朝練〟をサボりまくっている。あと4回ほど上京してくるが、2回撮影できれば上々だろう。年々、腰が重くなっていくことを痛感するこの夏。

(写真、文:U)

_dsc49604
_dsc27622

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

|

« 苦し紛れの撮影地選定 | トップページ | 撮影地巡礼 »

カメラ」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/57076460

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン新機種の噂:

« 苦し紛れの撮影地選定 | トップページ | 撮影地巡礼 »