« ただいま渡道中 | トップページ | 隔靴掻痒 »

2014年7月22日 (火)

C11207号機

昨夜、北海道から戻って来た。

今回はやはり天候には恵まれず、気分的にスカッとした写真は撮れなかったが、最終日の午後に回復し、どうにか帳尻を合わせることはできた。

何十年かぶりにIさんとも撮影をともにし、ゆっくりお酒を楽しむことができたのも収穫、EF5861などを追った学生時代を懐かしく思い出した。そうしてみるとこのブログのほかのお仲間たちにも参加していただいて、泊まりがけで撮影に行けたらなお楽しいだろうと、次の展開を期待してしまう。近いうちに大まかなプランでも提案できたら良いと思う。
(Iさん、いろいろ楽しいお話、ありがとうございました)

さて撮影の方は前述のような空模様だったため、せっかく入手したばかりのニコンD810を携えて出かけたものの、それを使用する機会もほとんどなく、もっぱらD4Sでの撮影となった。こちらも3月に手に入れたわけで、まだ使いこなすに至ってはいないが、これでD4から進化した機能を少しは把握できたようだ。それらについては後日、触れていきたいと思うが今回は昭和48年以来、久しぶりに撮ったC11の画像をアップする。

函館~森、大沼公園で走った「SL函館大沼号」。
昨今、不調で去就が注目される二つ目207号機だが、本来登板するはずだった171号機も故障とのことで急きょ旭川から派遣されたらしい。
現役時代には見ることができなかった2つのヘッドライトをもつ207だが、こういう異色のタイプは大好き。走行写真を撮影後、止まっている姿もじっくり撮りたくなって本来は先を急ぐ道中だったのに小一時間ほど森駅に寄り道してしまった。

特徴ある富内線時代の2つのヘッドライトを強調したく、近くで昼食を済ませた機関士さんにお願いして5分間だけ点灯してもらった。現場の方にこのようなお願いをしたのはEF58を撮影していた時代以来のこと。当時はよく機関区でパンタグラフを上げてもらったことを思い出す。

D810で7月19日の撮影。

(写真、文:U)

_dsc00541_dsc3986_2

_dsc00361

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

|

« ただいま渡道中 | トップページ | 隔靴掻痒 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こちらこそ、楽しい酒席を設けていただき、ありがとうございました。
とても楽しい一夜を過ごし、さらには翌日も楽しい撮影でありました。
皆でこういう集いがやれたらいいですね。
ぜひ、計画を進めましょう。

私はまだ道内におりまして、業務を続けております。
今日は天候が優れずにナイトまでキャンセルになりましたが、明日は飛べそうですので業務を遂行して帰京できそうです。

C11 207号機の二つ目、とてもいい感じですよね。
1時間費やしたお気持ちがわかります。
このカマ、かつて長万部機関区で撮影した時には、前方に大きくせり出した独特のスノープロ―がかっこよかったです。

投稿: 某I | 2014年7月23日 (水) 18時47分

Iさん、こちらこそありがとうございました。お誘いしてこんなに早く酒を飲むことができるとは、実は予想外でもあり、びっくりしております。相変わらずの行動力も健在でおみそれしました。

ところであの後、H氏の飛行機が機体トラブルで欠航し、彼は東京に一泊して帰りましたから、かなり疲れたことでしょう。千歳空港で再び彼と一緒になって、羽田に止めてあった私の車で近くのホテルに送ることぐらいしかできなかったので非常に申し訳なく思っております。

C11という機関車、あらためて正面から見るとボイラの細さを再認識します。現役時代はC12と較べてしまうのか、もっと太い印象をもっていたのですが、やはり小型のタンク機関車なのですね。
相変わらず手前勝手なことを言うと、Iさんのおっしゃる「前方に大きくせり出した独特のスノープロ―」とは複線型のものかと思われますが、それが付いていたら最高かもしれません。引退が噂されていただけに、偶然にも撮ることができて幸いでした。

ともあれ、このたびは大変楽しく、天候の悪さなどどこへやら、良い旅となりました。

投稿: U | 2014年7月23日 (水) 22時23分

Iさま・Uさま
先日は有難うございました。
伊達での夜、また翌日の撮影と大変楽しい時間を共有させて頂きとても良かったです。
最後の最後で飛行機の欠航とアクシデントに見舞われましたが、何とか無事に翌朝帰り着く事が出来ました。
またU様にはお疲れの所ホテルまで送って頂いたりで大変申し訳ない思いでいっぱいです。
この様な体験も初めてで良い勉強となりました。
しかしながら懲りずに次の渡道計画を立てております(笑)

Iさま、次回は是非中津での一献を楽しみにしております。
Uさま、次回の渡道計画も宜しくお願い致します。

それでは皆様、近い内にお会い出来ます事を楽しみにしております。
ありがとうございました。

投稿: Ha | 2014年7月25日 (金) 17時30分

Hさん、飛行機のハプニングは予想外でしたが、おかげで「カシオペア」では決定版とも言うべき写真が撮れて良かったです。おそらくあの場所でベストに近い写真になったのではないかと思われます。

次は9月でしょうか。もう例の場所は撮影できなくなっているでしょうね。そうすると次回は伊達紋別から拠点を変えることになりそうですね。また新しい居酒屋を開拓しなければなりませんが、そんな楽しみもイイものです。次の機会を楽しみにしております。

投稿: U | 2014年7月26日 (土) 16時52分

Haさん、こちらこそ楽しい旅をご一緒いただき、ありがとうございました。
フライトキャンセルは大変な災難でした。
月曜のお仕事への影響を最小限にするため、羽田に飛ばれたんですね。
新千歳から伊丹または関空への朝一の便があと1時間でも、いや30分でも早ければいいんですけどね。
私も朝一の新千歳から関西方面への移動で苦労することが時々あります。
おつかれさまでした。
酔っぱらったあげく、Hiさんと久しぶりにお電話できましたことも感慨深いものがありました。

中津の呑み屋の件、くれぐれもよろしくお願いいたします。
某ボイラ工場での業務と関係なく、それだけを目的として敢行いたしたい所存でおります。

投稿: 某I | 2014年7月27日 (日) 20時18分

U様、Ha様、I様
20日、21日、某撮影地でお世話になりました下町の某Wと申します。
未熟者でポイントにも不慣れななか、親切にご指導いただいたおかげで大変満足のいく撮影が出来ました。
また、どこかでご一緒できましたら幸いです。(当日はろくにご挨拶も出来ず、失礼致しました)

投稿: W | 2014年7月28日 (月) 22時10分

Wさま、コメントありがとうございました。ご本名でのコメントと思われましたので、勝手ながらイニシャルとさせていただきますが、もしご本名がよろしければ訂正いたしますのでご連絡下さい。

さて、先日の北海道ではこちらのわがままをお聞きくださいまして誠にありがとうございました。無理を申し上げたにもかかわらず、Wさまもお気に召す写真が撮れて何よりです。安堵いたしました。
当方、年内にあと数回は渡道すると思われ、もし機会があればご連絡下さい。あのポイントは8月上旬までが限界と思われ、次回以降は長万部周辺に展開することと思われます。
奥様とのツーリング、天気に恵まれることを祈っております。

機会がありましたら、またコメントをお寄せください。

投稿: U | 2014年7月28日 (月) 22時38分

Wさま、北海道では楽しいお話をありがとうございました。
まさかあの場で地元の話題で盛り上がるとは思いませんでした。
今はもう姿かたちがありませんが、D51などがゴロゴロしていた地元S機関区は幼少の頃の遊び場でした。

投稿: 某I | 2014年7月29日 (火) 09時23分

Wさま
先日は此方の一方的なお願いに快諾頂きまして大変感謝しております。
またどちらかでお会いしました時には宜しくお願い致します。
有難う御座いました。

投稿: Ha | 2014年7月29日 (火) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/56862599

この記事へのトラックバック一覧です: C11207号機:

« ただいま渡道中 | トップページ | 隔靴掻痒 »