« ニコンD810の第一印象は× | トップページ | ただいま渡道中 »

2014年7月18日 (金)

レンズ、長すぎましたね^^

東海道本線根府川橋りょう、我々はいろいろ便利に使わせてもらいました。
川の右岸、左岸とも線路際の構図がわりと簡単に得られましたし、上り列車はホームもOKでありました。
ただ、橋りょうがもう少し長いと上りブルトレは編成が入りましたし、こんな下りももっと客車が入ったんですけどね...

あの頃、長玉なんてなかなか使う人がいなくて、こんなことをやっていたのは我々だけだったような気がします。
機関車は、ゴハチは顔が命。
撮るからにはデカく撮らなくちゃいけないんです。
誤解を恐れず申し上げれば、意図なく顔を車体を小さく撮る人、意味もなく列車から離れて撮る人、それは列車からは逃げています。
当然、俯瞰を含めてそこに意図があれば、まったく次元の話になりますのでこれには当たりませんことをお断りしておきますね。
ロクイチ、いいツラしてますでしょ?
レンズは500mmですかね。
焦点距離が長すぎて、編成切れちゃいましたが...
鋭く点灯した前灯がかっこいいですね。
当時は今のように昼間は前灯を点灯していませんでしたが、トンネルが連続する小田原-三島間は点灯しっぱなしが基本でした。
欲を言えば、明け方にでも東機に寄って2エンド助士側のワイパーを内側に寄せてくればよかったですね。

これは朝の6313列車とか8101列車とかですかね。
ホーム上にはブルトレを撮りにきていた人たちが、後ろからロクイチお座敷を喰らって愕然の構図が見られます。
そりゃ、そうでしょう。
たくさん東上してくるブルトレ狙ってたら、突然後ろからロクイチけん引のスロ81系座敷が来たんですもの。

(文/写真:某I)

Ef58_61_012

|

« ニコンD810の第一印象は× | トップページ | ただいま渡道中 »

執筆者某I」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/56830486

この記事へのトラックバック一覧です: レンズ、長すぎましたね^^:

« ニコンD810の第一印象は× | トップページ | ただいま渡道中 »