« AFなのか、それとも今時まだMFなのか | トップページ | DF200―901に復活の兆し! »

2014年7月13日 (日)

こだわりの数字

昨年の8月に本拠地をこちらのブログに移してそろそろ1年。気がつけばずいぶんと多くの方々に見ていただいている。アクセス数に一喜一憂するにはすでにとうが立ちすぎているが、今回の60万という大台には少々感慨がある。

なぜか?

それはわれわれが昔追いかけてきたEF58のうち、特に60番台に大好きな64,66、69号機という思い出深い機関車が多かったからだ。61号機は当然のこと、この3両もずいぶん追いかけたものだ。
いい年をしてつまらないことを言っていると思われるかもしれないが、ゴハチのファンの中には各種暗証番号や車のナンバープレートを好きな機関車の番号にしている方も多いのではないだろうか。かく言う自分も、大事なものは別としてそんな数字に拘るときがある。例えばスポーツクラブや温泉のロッカーなどは「61」や「69」が空いていたら迷うことなくそこを選ぶし、1回きりしか使わない暗証番号などは忘れてもすぐに思い出せることから、それらのナンバーが絡んだ数字を申告する。

そんなわけで今後しばらくアクセス数の最初の2桁が60番台というのはちょっと嬉しい。
カウンターに使用している「忍者ツール」というものに「キリ番」という設定があるから、例えばカウンターの数字が「616161」とか「696969」などになったら、その機能を試してみようかと考えている。

年齢が「60代」になることには抵抗を感じるが。

*************************************************************************

2009年2月の撮影。

やはり東海道筋のブルートレインには堂々とした雰囲気を感じる。まして牽引機がEF66となるとなおさらだ。歴代のブルトレ牽引機の中でもその風格は別格で、個人的にはほかにお気に入りの機関車があるものの、その事実に異論を挟む余地はない。

この「富士・はやぶさ」の廃止は、その後の「北陸」「日本海」「あけぼの」などの廃止よりもブルトレの衰退を象徴するものとして今でも鮮明な印象が残っている。
考えてみれば「日本海」や「あけぼの」のように臨時で走ることもなく、潔いとも思える消滅だった。

(写真、文:U)

_dsc37631

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

|

« AFなのか、それとも今時まだMFなのか | トップページ | DF200―901に復活の兆し! »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/56770142

この記事へのトラックバック一覧です: こだわりの数字:

« AFなのか、それとも今時まだMFなのか | トップページ | DF200―901に復活の兆し! »