« ニコンがD810を発表 | トップページ | 35年前のEF5861 »

2014年6月28日 (土)

久しぶりの「鉄道ジャーナル」

前回の記事でニコンD810に関して一つ書き忘れていたことがある。それは常用感度がISO64~12800に広がったこと。おそらく自分としてはあまり使用する機会はないであろうISO64だが、形式写真撮影などには心強い。ただ、それよりもありがたいのは高感度域で、これまでのD800EではISO400までしか使ってこなかったから、それが1段拡張されたのは大いに助かる。もし本当にISO800までが普通に使用できるなら早朝の撮影や曇天時には非常に心強い。このISO800という感度は400よりも1段しか違わないものの、超望遠レンズやテレコンバーター使用の際にけっこう使いたいケースが多かった。これまでD800Eではがまんして使わなかった領域だが、D810になってD800EのISO400に匹敵する画質なら、かなりの武器になるはず。

7月中旬の発売なら夏の臨時「あけぼの」にはじゅうぶん間に合うから、買うと決めたら大いに楽しみになってきた。

****************************************************************************

先日、何十年かぶりに「鉄道ジャーナル」を買った。知人がこの編集に携わることになったこともあるが、特集記事がブルートレインだったことも大きい。

もともと実物誌は「鉄道ファン」「レイルマガジン」を毎月購読していたのだが、最近ちょっと鉄道雑誌そのものに対する期待感が薄らぎ、けっきょく真剣に読まずに、あるいは参考になる写真に行き当たらず書棚入りしてしまうことが多くなってしまったから、そろそろ書店でザッと目を通して「これは」というものだけにしようかと考えていた。

そんななかで久しぶりの「鉄道ジャーナル」だったが、Kカメラマンのご活躍も目にすることができて楽しかった。

***************************************************************************

本日午後、圏央道の高尾山ICと相模原愛川ICが開通する。おかげでわが家から中央道、関越道に乗るのが非常に楽になる。これまであまり行ったことのない中央線や篠ノ井線など長野方面へのアクセスが格段に良くなるのはありがたい。

(写真、文:U)

_dsc32382

_dsc33432

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« ニコンがD810を発表 | トップページ | 35年前のEF5861 »

カメラ」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

Uさまご無沙汰しております。
こちらのブログはたびたび拝見させていただき、楽しませていただいております。
鉄道ジャーナルご覧いただきありがとうございました。
今回の人事(?)は非常ににビックリでしたが、個人的には今後変わっていくであろうジャーナル誌が楽しみでもあります。嬉しいサプライズでした。
北海道ロケ、おそらくDDの力強い写真を撮るべく向かわれたと思いますが、アクシデントもあって残念でした。
しかし、とっさの判断でED79の姿を追って海峡線まで足を延ばされて、このような迫力あるカットをものにされたのはさすがです!
この区間は新幹線用の複線間隔がとってあるので、前パンでもかなりの望遠まで使えるのが嬉しいですよね。
このような写真を見てしまうと、望遠レンズを新調したくなってしまいます。
またリベンジされて、DDのかっこいい写真が見られることを期待しております!

投稿: K | 2014年6月30日 (月) 03時05分

Kさま、お久しぶりです。そしてコメントをありがとうございました。先日、「鉄道ジャーナル」誌を購入、ご活躍を拝見すると同時に楽しませてもいただきました。今後は知り合いが編集に関わることもあって大いに注目していくことになるのは間違いなさそうです。

さて最近、当方は北海道の夜行列車に入れ込んでおります。今回の渡道でも貨物列車の脱線事故というトラブルこそありましたが、その前の2日間は心行くまでそれらの列車を撮ることができ満足しております。
また、海峡線は自分にとってほぼ未知の線区でしたが、夜行列車の行く末を考えると是非ともこの時期に行っておきたく足を延ばした次第です。8月後半には昨年に続き青森側にも行く予定です。

お忙しい毎日とは思いますが一度、機会がございましたら是非、酒でもお付き合いくださいまして北海道や海峡線の撮影地などについてご教示願えれば幸いです。プロの方に大変厚かましいこととは存じますが、そんなチャンスがあることを待望しております。

投稿: U | 2014年6月30日 (月) 09時04分

あら、前出のコメントのKさんは、私のよく知るKさんでしょうかね...
もしそうだとしましたら、最近ロケでお会いしたのは釜石線あたりが最後ですかね。
あ、新花巻で一緒に新幹線を降りたような記憶もありますが...

投稿: 某I | 2014年7月 2日 (水) 17時59分

某Iさま、こちらのブログではお初です(笑)
実はちょくちょく見させて頂いておりました。EF671の勇退は、こちらの記事で知った次第で、勉強になりました。
お会いするのは釜石線以来ですね!
釜石も緑が濃くなってからは行けてないので近々行きたいと思っております。
また新花巻駅や現場でお会いするかもしれませんね!
線路際でのほふく前進の仕方をまたご教授下さい!!

投稿: K | 2014年7月 3日 (木) 02時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/56631667

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの「鉄道ジャーナル」:

« ニコンがD810を発表 | トップページ | 35年前のEF5861 »