« 明日帰京 | トップページ | ニコンがD810を発表 »

2014年6月24日 (火)

木古内でのブルトレ並び

某Iさんが自分が留守の間に記事を書いてくださるなら、わざわざ予定稿など不要だったのですが間を空けるのも良くないと思い、取りあえず準備していった次第です。
掲載する写真はあれども、書くネタがないために最近は苦労してこのブログを継続している状況で非常に心強い存在です。

ありがとうございました。今後もぜひよろしくお願いします。

***************************************************************************

下は今回の北海道旅行最終日に撮影した木古内駅での「トワイライトエクスプレス」(左)と「北斗星」の並び。ともに実際の列車とは異なるヘッドマークを付けて運転された。

ご存知のように22日早朝に津軽海峡線・札苅駅で発生した貨物列車脱線事故は23日になっても復旧せず、22日に上野と大阪を出発した「カシオペア」「北斗星」「トワイライトエクスプレス」は木古内止まりとなった(「はまなす」は22日出発分が上下列車とも運休)。
このため青森側に来ているED79がこの3列車に充当されたのだが、どういうわけか「カシオペア」はHMなし、「トワイライトエクスプレス」には「カシオペア」のHMが、「北斗星」には「はまなす」のマークが付けられた。最初の「カシオペア」には何も付かず2本目の、「カシオペア」のHMが付いた「トワイライトエクスプレス」の走行写真を撮ったときには単なる間違いではないかと思ったが、いくらなんでもそんな単純なミスは犯すまい。きっと何か理由があったのだろう。

実は前日、夜行列車が木古内で運転打ち切りになると聞いた段階から、狭い同駅で3列車が並ぶのではないかとの勝手な予想はしたものの、実際それに近いシーンが見られたのには、むしろこちらの方が驚いた。泊まっていた伊達紋別のホテルを深夜に出て、わざわざ木古内まで出かけた苦労が報われた。
前々日の21日も伊達紋別から木古内へ早朝の3列車を撮りに行っていたから、短期間で2度の訪問は体力的に辛かったが、伊達紋別にとどまっても23日は何も撮れないから、自ずとそうするより仕方なかったこともある。

一番最初に到着した「カシオペア」は「北斗星」が到着する前に青森に戻って2本だけの並びとなったが、ヘッドマークが付いた2列車が残ったのは正直ラッキーだった。

走行写真はいずれ掲載する予定。

(写真、文:U)

_dsc36622

_dsc36701

_dsc3568

下は「トワイライトエクスプレス」(左)と「カシオペア」の並び。「北斗星」が到着する前にいったん木古内の駅に行って急いで撮って来たが、「北斗星」はけっきょく1時間10分遅れとなった。

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« 明日帰京 | トップページ | ニコンがD810を発表 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/56593946

この記事へのトラックバック一覧です: 木古内でのブルトレ並び:

« 明日帰京 | トップページ | ニコンがD810を発表 »