« EF510―509が事故? | トップページ | 「あけぼの」は今夏も運転 »

2014年5月22日 (木)

509号機の早期復帰を待望

前の記事でEF510―509のことを書いて、どのような現状なのか教えを乞うたら、ある方が詳しい状況を伝えてくださった。まずはこの場を借りてお礼いたします。ありがとうございました。

この方、旧知の方でたまに電話でお話しさせていただいているが、どうやら509号機の今後についてはまだはっきりと決まっていないらしい。廃車にするようなことはなさそうだが、しばらくは本線での運転は見られそうもないようだ。
衝突の状況や損壊箇所など詳しいことについて、ここでは控えさせていただくが、夏休みに入れば「カシオペア」にほぼ毎日、専用機が入るとの見通しが今年は危ぶまれそう。もしそうなら大変残念なことだ。一日も早い復帰を望んでいる。

*******************************************************************

さてニコンのD800に後継機の噂が出ている。それによれば画素数は据え置きで、主な変更点は連写が5~6枚となって、AF性能がD4S並みになると言われている。

念のため販売店にオーダーをかけておこうか迷っているのは画素数に変化がないことが主な理由。

鉄道撮影で、しかも自分のように超望遠レンズばかりを使う人間にとって、D800Eの3630万画素は陽炎を気にしながら使いこなしていかねばならない。少しでもそれが懸念される条件下では、D800Eが使える環境でもわざわざ画素数の少ないD4などで撮っているのが現状。そんな状況でなのに、連写機能とAF機能がアップされるだけの新機種に大枚を払うかどうか悩ましいところだ。
クレバーな人間なら無駄だと思うのが当然だが、この先2、3年もしたらブルトレなど撮影対象も激減してしまいそうだから、買うなら今という選択も捨てきれない。

********************************************************************

_dsc25102

上は5月11日撮影の下り「北斗星」。500ミリに1・4倍テレコンバーター使用の700ミリでの画角。

陽炎の影響が少ないポイントを探し求めて、「北斗星」通過まで防風林の影が下り線を覆っていた所に行き当たった。

******************************************************************

下は4月の北海道旅行でH氏、N氏、S氏とともに伊達紋別の居酒屋で食べた刺身の盛り合わせ。ホタテの子など美味しかった。このほかにカニまで出していただいて、驚くような料金だった。

P1010132

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« EF510―509が事故? | トップページ | 「あけぼの」は今夏も運転 »

カメラ」カテゴリの記事

執筆者U」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/56280308

この記事へのトラックバック一覧です: 509号機の早期復帰を待望:

« EF510―509が事故? | トップページ | 「あけぼの」は今夏も運転 »