« 編成短縮化で尾久へ | トップページ | 双頭機「あけぼの」三昧 »

2014年5月 3日 (土)

JR北海道からの発表

JR北海道から2日、以下のようなアナウンスが発表された。すでに新聞報道などで見ている方もいるかと思われるが、要するに新幹線の函館延伸に伴う試運転などが10月から開始されるために、夜行寝台列車などに運休、時刻変更、運転日の変更などが生ずるという内容。

「北斗星」の廃止はすでに報道されているが、これで「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」についても来年のダイヤ改正で何らかの変化があるのは間違いなさそうだ。

とにかく運行計画の発表を待ちたい。

******************************************************************

北海道新幹線開業に向けた設備検査等に伴う列車への影響について

北海道新幹線(新青森~新函館(仮称)間)は、平成27年度末の開業に向け工事を進めて いますが、平成26年10月からは、開業後に使用する車両(新幹線車両及び貨物機関車)を 実際に走行させて、土木構造物・軌道・電車線・信号設備等の機能を確認する設備検査を開始 する計画です。 このうち、青函トンネルを含む新中小国信号場~木古内駅間では日中は津軽海峡線として列 車を運行しており、列車を運行していない夜間の時間帯を利用して検査を実施することとなり ますが、検査内容によっては、列車を運行しない時間帯を通常よりもさらに拡大する日があり ます。 これに伴い、同区間を夜間に運行する旅客列車や貨物列車を中心に運休・時刻変更・運転日 の変更が発生する場合があります。ご利用のお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解 を賜りますようお願い申しあげます。

1.車両を使用した設備検査について
平成26年10月から新中小国信号場~木古内駅間で貨物機関車を使用した設備検査を、 平成26年12月から奥津軽(仮称)駅~新函館(仮称)駅間で新幹線車両を使用した設備検 査を開始し、平成27年度には新青森駅~奥津軽(仮称)駅を含む全区間に拡大して実施する 予定です。

2.夜行列車への影響について
車両を使用した設備検査の実施に伴ない、列車を運行しない時間帯を拡大することにより、 平成26年10月以降、次の列車に運休・時刻変更・運転日の変更が発生する場合があります。

(定期列車) ・ 上野 ~ 札幌間 寝台特急 「北斗星」 ・ 青森 ~ 札幌間 急行 「はまなす」
(臨時列車) ・ 上野 ~ 札幌間 寝台特急 「カシオペア」 ・ 大阪 ~ 札幌間 寝台特急 「トワイライトエクスプレス」

なお、運行計画の詳細につきましては、決まり次第お知らせいたします。

******************************************************************

「あけぼの」が続いたので「トワイライトエクスプレス」をアップ。
画像の中に写っている送電線など、一部に補整を施した。

(写真、文:U)

_dsc39992

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« 編成短縮化で尾久へ | トップページ | 双頭機「あけぼの」三昧 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/56039688

この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道からの発表:

« 編成短縮化で尾久へ | トップページ | 双頭機「あけぼの」三昧 »