« EF67 1号機 有終 | トップページ | トワイライトEX廃止の余波 »

2014年5月28日 (水)

JR西がトワイライト廃止を発表

本日(28日)、JR西日本から「トワイライトエクスプレス」の廃止が発表された。車両の老朽化が主な要因としてあげられているが、来春の北陸新幹線開業の影響(在来線一部区間の第3セクター化など)も考えられる。
関西ではこれで客車を使った夜行寝台列車が完全に消えることになり、敦賀のEF81などはその去就も気になるところだ。

ただ、このために即トワイライトエクスプレス用の客車を廃車にするとも思えず、将来JR西日本が運行する予定の豪華列車が完成するまでは、山陰、九州方面などに団体あるいは臨時などで走ることもあるのではないかとの期待は残る。

また来春までの運転スケジュールも今までとは変わって、特に年末年始には運転されないし、10、11月の連休などにも間引かれるなど、乗車や撮影にも注意が必要となってくる。
さらに運転時刻が変更される日も予告されていて、こちらは4半期ごとの臨時列車運転案内に気をつけなければならない。

(写真、文:U)

_dsc01752

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

 

|

« EF67 1号機 有終 | トップページ | トワイライトEX廃止の余波 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

予想されていたこととはいえ、いざ廃止が発表されると寂しいものですが、客車老朽化や新幹線開通による在来線切り離しを考えれば仕方ないのかもしれません。
5月に北海道に出かけた際に無理にでも撮影しておいてよかったとホッとしました。

さて、トワイライトと同じ経路を共有する北斗星・カシオペア・はまなすにも存続の危機が取りざたされていますが、
カシオペアを除いて客車老朽化が厳しいことを考えれば,、ここ1・2年で寝台列車はほぼなくなり、ブルトレも死語になってしまうのでしょうか・・・

投稿: ラジマニ | 2014年5月31日 (土) 22時38分

ラジマニさま、今回もコメントありがとうございました。またもやお返事が遅くなって申し訳ありません。

さて、どうやら「カシオペア」は来年の3月31日までの運転が決まったようですね。自分にとって来年以降の鉄道撮影のネタとして貴重な存在ですから、取りあえずホッとしております。しかし残念なのは10月頭から12月中旬までの運転がないこと。特に10月中旬の北海道・静狩の光線状態はなかなかドラマティックなものなのですからよけいその思いを強くしております。

月並みな言葉ですが、とにかくもう泣いても笑ってもブルトレをはじめとする夜行寝台列車の命運はほぼ決まったようなものですから、悔いのないようにこの1、2年、最後の記録に全力を傾けたいと思っております。

投稿: U | 2014年6月 8日 (日) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/56336110

この記事へのトラックバック一覧です: JR西がトワイライト廃止を発表:

« EF67 1号機 有終 | トップページ | トワイライトEX廃止の余波 »