« JR西がトワイライト廃止を発表 | トップページ | ムサシノモデルのEF64を予約 »

2014年5月30日 (金)

トワイライトEX廃止の余波

トワイライトEX廃止ニュースは「カシオペア」の存続に関しても連鎖した。
昨日の朝日新聞朝刊社会面や東洋経済の電子版などにもその話が掲載されている。どちらも北海道新幹線の函館延伸に伴い、電圧の昇圧化の問題や線路の夜間保守作業、、第3セクターに支払う通行料金の話や車両の老朽化などを主な原因に掲げているが、そうなるといったん報道された2016年度以降の「北斗星」の臨時列車すら危ぶまれてくると思うのは取り越し苦労か。

何だか定期列車→臨時列車→廃止というプロセスが、いきなり定期列車→廃止となるような気配を感じるのは自分だけではないだろう。
とにかくファンとしては後顧の憂いなく、撮れるうちに黙々と記録していくしかない。

そんなわけで今年の夏の北海道は撮影者が増えるだろう。大沼、静狩や大岸周辺などの有名撮影地はなおさらで、万が一「カシオペア」まで廃止が発表されたら凄いことになりそうだ。
優雅に休みを取れる人は、北海道の行き帰りに臨時の「あけぼの」や北陸線内でトワイライトEXなどを撮るというスケジュールも立てられるし、道内ではC11の運転もあるだろうから密度も高い。

そう言えば蒸気機関車の晩年の地が室蘭本線周辺であったように、夜行列車やDD51もここが最後の(本格的)活躍地になりそうな因果を感じる。本当の意味で「ブルトレ(夜行寝台列車)最後の夏」という年になるだろう。鉄道ファン、とりわけ「撮り鉄」にとって風雲急を告げるときが来たようだ。

(写真、文:U)

_dsc18763

なお、ここでは北海道の夜行列車を中心に取り上げたものの、もちろん本州内での記録も忘れてはなるまい。

【ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« JR西がトワイライト廃止を発表 | トップページ | ムサシノモデルのEF64を予約 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/56355338

この記事へのトラックバック一覧です: トワイライトEX廃止の余波:

« JR西がトワイライト廃止を発表 | トップページ | ムサシノモデルのEF64を予約 »