« 実物撮影もそろそろ潮時か | トップページ | 「カシオペア」と「北斗星」 »

2014年4月13日 (日)

EF5861 ロクイチ普段着の姿

昨日から釜石線でC58が復活営業運転を始めたとのニュースが夕刊の紙面を飾っていた。

すでに旧型(と呼ばれる)電気機関車が本線上から姿を消した中で、全国に蒸気機関車が次々と復活するとはEF58を追いかけていたことは全く想像できなかった。

今からちょうど30年前の1984年4月14日(土)、その日もEF5861は黙々と普通の仕業をこなしていた。東京駅を14時に出る9023列車、臨時客車特急踊り子に充当され伊東まで14系を牽引していた。桜の時期であったので下り列車は伊豆多賀で撮ったが、この日の本命は伊東から品川までの回送列車。その理由は単純で「ヘッドマークが付かないから」。

伊東で機回しを行い、回9524列車はホームに静かに佇んでいた。この姿を撮影する者など私以外誰もいない中、となりのホームには伊豆急の普通電車や183系踊り子などが姿を見せていた。こんな普段着姿のロクイチがとても懐かしい。

(写真・文:K.M)

1984年4月14日 回9524列車 EF5861+14系客車 伊東駅にて

35n465172_2

35n465173

|

« 実物撮影もそろそろ潮時か | トップページ | 「カシオペア」と「北斗星」 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/55758684

この記事へのトラックバック一覧です: EF5861 ロクイチ普段着の姿:

« 実物撮影もそろそろ潮時か | トップページ | 「カシオペア」と「北斗星」 »