« 早出川での試運転列車 | トップページ | 両パンのEF81「あけぼの」は? »

2014年3月27日 (木)

北海道での撮影から

25日夜、北海道のスキー旅行から帰って来た。

けっきょく、家族に遠慮しながらも3泊4日の旅程の全ての日に鉄道撮影をしてしまった。わが家は一人一人、行動がバラバラなのだが、それぞれ好きなことをやることに何ら制約はないし、むしろそれを尊重する傾向にあるから問題はない。ただ、腐っていながらも一家の長(死語か)、鈍感でもないと自負のある身としては後ろめたさはぬぐえない。

ここで言い訳を続けても意味はないから話を進めると確実な成果はあった。思うところあってこのブログにその絵は掲載しないが、今まで撮影したJR北海道のDD51の写真として(個人的には)トップクラスのシーンを仕留めたと自負している。

足繁く行ったのは静狩跨線橋。どうせ「北斗星」などの夜行寝台列車の廃止が発表さたり、あるいはそういう噂が広まったら、奥羽線の白沢~陣場のようにミソもクソも集まるポイントになるのだろうから、今の内に行っておくのがベター。そう思って今回はここで「北斗星」を撮ることに傾注した。何せ、現行ダイヤの「北斗星」牽引DD51の前面に日が当たるのは今から9月半ばまでしかないし、暑くなれば陽炎が出て長いレンズは使えない。
そう判断して3日間、毎朝通った。宿泊先のニセコアンヌプリからだと片道1時間半を見越しておかなければならないが、まあ白沢~陣場などよりも遙かに良い撮影地でお気に入りの場所、苦にはならなかった。

「あけぼの」なき後の撮影対象として北海道のDDが牽く夜行列車は最高のターゲット。満足できるカットをなるべくたくさん、モノにしていきたい。

(写真、文:U)

_dsc12342

_dsc12151

北海道入りした初日、9時半着後に撮影した2カット。雪が降っていて撮影は億劫だったが、撮れるのなら撮っておこうという「義務感」がはたらいた。

ご注意】

アップしてある写真を見ていただく際、画像の上にカーソルを持って行って左クリックで拡大するよりも右クリックし、「リンクを新しいウインドウで開く」で見ていただく方が、よりオリジナルに近いクオリティで見ることができます。

|

« 早出川での試運転列車 | トップページ | 両パンのEF81「あけぼの」は? »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/55530844

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道での撮影から:

« 早出川での試運転列車 | トップページ | 両パンのEF81「あけぼの」は? »