« 7日の〝朝練〟 | トップページ | 今年の「カシオペアクルーズ」 »

2014年2月11日 (火)

ムサシノモデルのEF65

10日も前のことになるが1日、ムサシノモデルのEF65500番台を入手した。昨年から予約していた13ミリバージョンで日車製のF車517号機。貨物機だが経歴を調べると東京機関区に配置されブルトレ牽引の経験もあることからヘッドマークを付けても違和感がなく、しかも複心装置のカバーがなく自分好みの連結器回りがゴチャゴチャとしているタイプだ。テールライトの位置も他のEF65500番台と較べて少し高い位置にあるのも特色。予約の際にお願いして作っていただいたのだが、さすがに素晴らしい出来栄え。金属製電気機関車モデルは前回のEF57に続き2台目だが、「ムサシノ地獄」に陥るのは必定だ。これほど良くできたモデルだと写真を撮っても実物撮影同様の楽しさがあるのではないかとすら感じる。「あけぼの」が廃止になって一段落したらマクロやシフトレンズを買ってモデルフォトも良いかもしれない。早くも次のPFが待ち遠しい。

********************************************************************

その「あけぼの」、今朝(11日)も撮影に行って来た。昨夜の天気予報だと朝方は晴れの予報だったのに、いざ出撃してみると曇天。上越国境の天気から予想すると着雪もなさそうで途中、引き返そうかとも思ったが休日だから道路が空いているし、行くだけ行って来た。場所はいつものように東十条。

その東十条、雲の厚い天気にもかかわらず今朝は人が多かった。いわゆる「葬式鉄」とでもいうのだろうか、普段撮り慣れていないのか、空いている所にちょっと立っただけでクレームを言われあまり愉快ではない。いったいどんなレンズを使うのか知らないが、間違いなく自分の姿がフレームに入らない場所でも気になって仕方がないらしい。廃止まであと1カ月に迫り、いよいよそういう連中が大挙して線路際に集まってくるから気が重い。

今回はかなり暗く、初めてISOを3200で使用した。これまでは2000が最高だから少々不安だったが、D4は出荷時から適正露出を明るめにセットされているから、そんな心配は杞憂だった。
牽引の1031号機は2エンドを上野に向けているので、その特徴が分かるように(屋上の機器の形)いつもよりも正面がちに撮ってみた。

(写真、文:U)

_dsc08461

_dsc08511


|

« 7日の〝朝練〟 | トップページ | 今年の「カシオペアクルーズ」 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 お久しぶりです。実はこの日所用で上京してまして、あけぼののバックに写っている京浜東北線に乗ってました(笑)ずらりと並んでいる鉄の集団に驚くととともに、「こんなに暗いのに撮れるの?」という気持ちで車内から見てましたが、あの条件でここまで写ることに驚きました。目から鱗です。ありがとうございました。

投稿: 鳥取のNA | 2014年2月12日 (水) 20時59分

NAさま、ご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか?

「あけぼの」は廃止まであと1カ月となり、いよいよ人出が多くなってきました。11日は特に東十条に集中していたようですが、自分もここであれほど多くの〝同業者〟を見たのは初めてでした。これからもまだまだ増えることでしょうが不快な思いをしないで撮影したいものです。

さて、本当にあの日は暗かったですね。日の出の6時33分になっても露出は上がらず、ISO6400は覚悟しておりましたが、通過ギリギリになってわずかなながら明るくなり、どうにかISO3200,250分の1、F4で撮影できました。フィルム時代ならまずギブアップしていたであろう状況ですが、今回もデジタルカメラの性能向上に助けられました。
それでもなるべくなら高感度を使いたくないのは銀塩世代としての人情で、今後もここまで高感度で撮影するのは例外としたいと考えております。

投稿: U | 2014年2月12日 (水) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/54950202

この記事へのトラックバック一覧です: ムサシノモデルのEF65:

« 7日の〝朝練〟 | トップページ | 今年の「カシオペアクルーズ」 »