« 間抜けなご意見 | トップページ | ほど良い着雪 »

2014年2月18日 (火)

運休が続く「あけぼの」

14~15日の降雪で「あけぼの」は運休続き。今日18日発も早々にウヤとなった。この冬は運休や大幅遅延が少ないと思っていた矢先だったが、東北よりも関東地方の雪が原因となるのはここ数年でも珍しいのではないか。廃止間際に乗り納めしようと切符を取った〝乗り鉄〟の人たちはきっとガッカリしたことだろう。
同様に〝撮り鉄〟にとっても廃止までの少ないチャンスが減ってしまったが、18日午前も上越線は不通区間があって、今週中に運行が始まるかどうかすら微妙だが再開されたら気分一新、出撃できるチャンスを有効に使いたい。

********************************************************************

それにしても「あけぼの」がなくなったら、こんな風に〝朝練〟にも行かず、家で茫洋と過ごす日が続くのだろうか?正直、ここまで熱心に撮影に通いたいと思う被写体が消えてしまったら、ほとんど隠居状態に陥ってしまわないだろうか。

そうなると自分の関心は模型に回帰するはず。そう思って先日入手したムサシノモデルのEF65500番台を眺めていたら、説明書にEF66を再生産するとの予告を見つけた。そういえば2月1日に同店に行ったときもEF66を作り直すと聞いていたのを思い出した。前回の製品よりも床下のディテールをさらに精密にするということだったが、電気機関車よりも蒸気機関車への関心が高い自分としては「へぇ~」という程度の印象だった。
ところが手にしたEF65を見ていると東海道・山陽方面のブルトレ牽引の実績があり、自分も実際に撮影したことのあるEF66も欲しくなってしまった。これを予約すればEF65500番台,EF651000番台とともに3機種が揃うわけで、近いうちにオーダーしようと決めた。

*******************************************************************

「あけぼの」の終焉に向けて以前撮影した写真を少しずつアップしていこうと思う。
これはまだEF64の0番台が牽いていたころ、2009年4月の写真。先日の予定されていた田端の撮影会には、この38号機も展示されるはずだったらしい。

昨年秋、この写真に写っている線路際の赤い杭2本が撤去された(今年になってからは行っていないので、現在どうなっているかは不明だが)。そのため最近はもっとスッキリした写真が撮影可能となっている。特に右の杭がなくなったから機関車がもっと右寄りに来たときに写せば、前のパンタグラフが後方の架線柱と重ならないですむ。しかし、そうすると迫力がなくなるから、やはり自分としてはこの位置に機関車があるタイミングの方が好みだ。

(写真、文 U)_dsc47821_4

 

|

« 間抜けなご意見 | トップページ | ほど良い着雪 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/55030359

この記事へのトラックバック一覧です: 運休が続く「あけぼの」:

« 間抜けなご意見 | トップページ | ほど良い着雪 »