« 祝!「レイルマガジン」30周年 | トップページ | C58239火入れ式 »

2013年12月12日 (木)

夜間撮影会から

今回も田端運転所の夜間撮影について。

初の試みだった田端での夜の機関車撮影会。1時間と昼の部よりも20分長く時間が設けられたが、長時間露光をしなくてはならないためにそれほど余裕綽々というほどではなかった。特に後半の30分間はヘッドライトが点灯され、その光から生じるゴーストの影響が出ない立ち位置を見つけるのは至難の業。特に正面方向からの撮影ではどこへ行ってもゴーストが出現する。もちろんロービームなのだが10個のヘッドライトが画面に入るのだから、ある程度のところで見切りをつけなければならない。少しでもゴーストの影響が少ない位置で撮って、画像処理でそれを消すのが時間を最も有効に使う方法ではないかと感じた。

こちらは早くから後半の30分間は正面がちに写すことを諦め、もっぱらサイドに回って撮影していたが、もし次回があるのならヘッドライト点灯は1時間のうち15~20分だけで良いような気がする。
どうしてもヘッドライトを点灯して欲しいのならギリギリ4両程度の並びにして、わずかでもサイドへ回らないと苦しい。クレバーな「もーたーまん」氏は5両の機関車を2両と3両に分割して、少しでもゴーストが出ない絵を狙っていたがこれが正解だと思う。

もっともミニカムのような強力なストロボを発光させるという荒技もあるのだが、さすがにほかの参加者のひんしゅくを買うだろうし、そんな強力な光を浴びせたら夜間撮影の雰囲気は台無しになってしまう。

とにかく、そんなことをふまえて参加しないと満足な絵は撮れない。特に今回のような、5両もの車両がヘッドライトを点灯して並ぶ場合はなおさらだ。今さらながら良い勉強になった。

(写真、文 U)

_dsc3541_21_2

_dsc35771

_dsc35781

_dsc35471

夜間撮影のRAW現像、少しずつやってきたから順次アップしているが、各種の光源が入り交じりけっこう面倒くさい。残すは機関車それぞれのカットだが、それにはまだ着手できていない。

|

« 祝!「レイルマガジン」30周年 | トップページ | C58239火入れ式 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/54225726

この記事へのトラックバック一覧です: 夜間撮影会から:

« 祝!「レイルマガジン」30周年 | トップページ | C58239火入れ式 »