« 盛り上がらないC58復活計画 | トップページ | 労多くして… »

2013年12月 1日 (日)

「ゆうづる」後記

詳細はUさんが既にお書きになられているので背後にアップさせていただくが、小生も地元常磐線ネタの最後のイベントとして出撃はしたものの、多大な時間を費やして出掛けた割には満足度は低い結果で残念であった。日当たりは当初からダメだと予測していたので、あえて移動はしなかったが、相変わらず良識のないマニアが多いのには閉口した。イベントというのは嫌な思いをしたくないので今回のように5時間も6時間も前に行ってポジションをキープするようにしているのであるが、随分あとから来られた大勢の同業者の言動にはかなり嫌な思いをすることとなった。Uさんや私は、「あけぼの」はあくまでネタではなく、「定期列車」として追い続けてきたのであるが、これでは来年3月の最終日などもどうなることやら、今から甚だ懸念される。Uさん、ご一緒させて頂いた皆さま長時間お疲れ様でした。(写真・文:T

Blog_2013121

|

« 盛り上がらないC58復活計画 | トップページ | 労多くして… »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

Tさん、当日はお疲れ様でした。当方の結果はご覧の通りで、何とか「残光」が機関車の正面には当たっておりますが、こんなアングルでは停車しているのと何ら変わりはありません。おまけに前のパンタグラフが下がっているので、列車を牽いているのかどうかすら微妙な感じです。撮影には行ったものの、かなりの消化不良といったところです。Tさんの写真を拝見して、日当たりに拘ることなく、こちらのアングルで撮影すれば良かったと、かなり後悔しております。〝不治の病〟ともいえる「望遠病」は、ときにこのような判断ミスを犯すことになってしまいます。ただでさえガッカリして帰ってきたところ、Tさんの写真を見てさらにダメージを受けている次第です。まあ、ある程度このような結果は予測できたにもかかわらず、長ダマに固執し自業自得を招いてしまったわけです。おまけに通過直前の雑草処理の影響で筋肉痛や肘の痛みも出て、まさに弱り目に祟り目の週明けを迎えることになりました。

今週末も「越後」とかいう団臨が走り、田端の撮影会後に上越線へ追いかけようかと思いましたが、「ゆうづる」の失敗でやる気が削がれ、近場で撮影してから田端に向かうことにしました。金と時間を割いて遠くへ行っても、撮影条件が格段に良くならないのなら勝手知ったる近場でやる方が無難だと考えたわけです。順光側の後部機関車はどうやら茶色の37号機らしく、こちらのアップを主眼にして撮影する予定です。朝9時半のコースにはM氏も参加するようで、皆さまとお会いする土曜日を楽しみにしております。

最後になりましたが記事の順序に関してご配慮、ありがとうございます。ただ、ジャンジャン最新記事に仕立てていただいて構いませんので、お時間があるときによろしくお願いします。当方も皆さまがどのような活動をされているか、とても関心がありますので参考になります。

投稿: U | 2013年12月 2日 (月) 09時24分

Uさん、色々な意味でお疲れさまでした(笑) 戻りの高速も守谷から先が大渋滞で、寝不足の上に運転もさぞお疲れになられたことと拝察いたします。Uさんのアグレッシブかつストイックな行動には、いつもながら感心しております。小生など素人撮り鉄の域を一生出ることができませんが、まあ個人の趣味の世界なので、ご覧のような暗くてお恥ずかしい写真しか撮れませんでしたが、恐らく行かなかったら後悔していたでしょうから、まあ記念にはなったと割り切っております。雑草と変な草の種には私も閉口しました。私の場合、コーデュロイのズボンだったので、カミさんから、「いったいどこの藪の中で撮ってたの!」と叱責されました(笑)。「越後」は全く気合が入っていませんが、私も近場で済ますつもりです。田端の撮影会は、何とか天候だけは晴れて欲しいのですが、こればかりは神頼みですね。では、また土曜日に・・楽しみにしております。

投稿: T | 2013年12月 2日 (月) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/54117286

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆうづる」後記:

« 盛り上がらないC58復活計画 | トップページ | 労多くして… »