« DD51が東京駅入線 | トップページ | 今年初の鉄道写真撮影「おが」 »

2013年10月10日 (木)

カシオペアクルーズのご報告

皆さま、暫くご無沙汰しております。何人かの方とはカシオペアクルーズ(往路)でご一緒させていただきましたが、最近投稿をしていなかったので、「生きているのですか?」という捜索願的なものや、「もう撮影はやめたのですか?」というご照会も複数頂戴したこともあり、一応ご報告も兼ねて久しぶりに投稿させていただきます。細々ではありますが自分の好きな被写体は相変わらず地道に追いかけておりますので、敢えて今回は近況報告もかねて記事をアップさせていただくことにしました。さて、カシオペアクルーズ本運転往路は、生憎の悪天候で全くテンションが上がらないまま出撃。望遠で雨に煙った写真を撮っても仕方ないので敢えて短めのレンズを使用しました。関越道のICに近い八木原で撮影後、簡単に列車を追い抜いてしまったので、早めに場所の開拓を済まされたUさんやNMさんらと合流させていただきました。間島の日本海バックに向かわれたお仲間の皆さまからご一緒にとのお誘いはいただいたものの、勝手ながら133号機のワンパ構図がどうしても撮りたくて単独行動をとられていただきました。復路は、南浦和で1051号機牽引の「あけぼの」を撮影後、途中「北斗星」を撮影、さらに北上して蒲須坂から矢板、野崎、那須塩原、黒磯とGoogle Mapで目星をつけていた場所を中心にロケハンをしたものの、ワンパ側から狙う場所は悉くタイガーロープが張ってあり、意図したような場所は見つけられませんでした。結局、最後の保険として考えていた高久近辺で妥協し、順光の正面狙いで迎え撃ちましたが、10分前に無情にも曇り、せっかくの前面にはバードストライクと思われるかなり目立つ汚れがついており、落胆のまま終了。しかも、実家の父親の容体が悪化して入院したとの電話を受け、急遽トンボ返りとなりました。色々とあったものの、今年もカシオペアクルーズを記録として残すことができたのは、皆さまからの情報とご協力の賜物であるので、この場をお借りして御礼申しあげます。今後も、自己満足の範疇を抜け出すことはできないものの、趣味の範囲内で引き続き自分の好みの被写体を地道に追いかけていきたいと思っております。(写真・文:T

Blog_201310101

Blog_201310102

Blog_201310103

|

« DD51が東京駅入線 | トップページ | 今年初の鉄道写真撮影「おが」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/53561503

この記事へのトラックバック一覧です: カシオペアクルーズのご報告:

« DD51が東京駅入線 | トップページ | 今年初の鉄道写真撮影「おが」 »