« ひたち50周年記念号 | トップページ | DD51+24系試運転 »

2013年10月19日 (土)

「カシオペア」

久しぶりに北海道に行くと、やはりその風景の魅力に取りつかれて次はいつ行こうかとスケジュールを考えてしまう。8月下旬に1人で青森までマイカーを運転し2400キロも走ったことを思えば、飛行機で1時間半という距離は体力的にもずいぶん楽だ。自宅から車で撮影に行くと、あれやこれやと余分なものまで持って出かけてしまうが、飛行機だと自ずと持参する荷物も限られるから迷うこともない。案外、コンパクトにまとめられるため、そういう意味でも気軽に感じるくらいだ。超望遠好きの自分は次に行くときは500ミリとテレコン、それにボディが2台あればじゅうぶんかもしれない。DD51を撮る際の好きなアングルは、前方から見てボンネットの端とキャブ端と重なるような角度。それを望遠で圧縮して撮影したいから短いタマは不要だ。余裕があれば80~400または200~400ミリのズームでもあれば鬼に金棒と言える。そう考えたらますます北海道が身近になってきた。

今回残念だったのは天気に恵まれなかったこと以外にももう一つある。それは13日に現地で合流したH氏お勧めの伊達紋別にある居酒屋が休業だったこと。日曜だから休みだったのではなく、豊浦町のお祭りに参加するための臨時休業だったらしいが、次回は何としても行ってみたい。

もちろん酒飲みのわれわれのこと、代わりの店を見つけてそれなりに楽しんだが、海産物に関してはあまり堪能することができなかった。そんな状況にせめて一矢報いようと最後の最後、千歳空港でラーメン屋に駆け込んだら、これが大当たり。旭川ラーメンの「梅光軒」という店で、ずらりと並んだラーメン店の中でもとりわけ客が多い。旭川ラーメンというものを初めて食べてみようと入ったのだが、ちぢれた麺とスープがよく合う! 味の好みは人それぞれだが、千歳空港を利用する機会があれば寄ってみてはいかがだろう。

(写真、文 U)

_dsc31912_2

 

 

14日撮影の「カシオペア」 雨上がりの快晴下で力強く実によい光線だった。静狩は無難なポイントではあるが、過去オーバークロスから撮った画像の中で最も手応えを感じた。

|

« ひたち50周年記念号 | トップページ | DD51+24系試運転 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

食事、グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/53648075

この記事へのトラックバック一覧です: 「カシオペア」:

« ひたち50周年記念号 | トップページ | DD51+24系試運転 »