« 浦和でDD51 | トップページ | お気に入りのDD51の写真 »

2013年10月25日 (金)

今回もDD51

右肘の痛みはだいぶ良くなってきた。コメントをお寄せくださった方が「せんねん灸」を勧めてくださったから、痛みが長引くようなら試してみようと思っていたものの、どうやらそうせずに済みそうな気配だ。しかしもうすぐまた能代方面へ「あけぼの」の撮影に行くから再びぶり返す恐れもありそう。痛みが出るようなら、そのときは我慢せずに早めに「せんねん灸」を使ってみたい。コメントしてくださった方、この場を借りてお礼申し上げます。

さて今回も能代をベースに撮影する予定。紅葉もピークになっていると思われるから、それをバックにしたポイントも視野に入れたいのだが、やはりヘッドマーク付きの「あけぼの」は周りの風景よりも列車主体のアングルを選びたい。いくつか狙いを定めている場所はあるのだが、果たして思い通りの絵が撮れるかどうかは行ってみるまで分からない。
楽しみなのは夜の酒席。先日の北海道でもご一緒したH氏と、能代の郷土料理を中心とした居酒屋へ行くのも目的の一つ。前回は1人だったから鍋料理まで手がつけられなかったが、今回はぜひとも食してみたい。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

引き続き11月頭に運転される「なんちゃって天の川」の訓練運転。22日の撮影したもの。
21日はDD51を主体に狙ったため客車はほとんど見えないが、この日は少し客車が目立つように撮ろうと場所を選んだ。晴れればこの時間帯の下り列車は逆光になるが、幸い曇天であったため東十条、西川口、南浦和など、いくつかの候補地の中から直線区間が好きな自分としてはここ蕨~南浦和のS字カーブ付近の歩道橋に決めた。どんよりした空模様だったから、雨が降り出しても立体交差の道路下に逃げ込めば良いという思惑も働いたが、幸いそんな状況にはならず、いたって平穏に撮影を終えることができた。
徒歩と電車利用で出かけたため三脚を持ち歩くのは面倒くさく、一脚で片付けようと安直なことも考えたが、右肘の痛みでブレが出ることを危ぐして三脚を使った

ここでDD51の牽引列車を撮るのは2回目。前回は2010年12月11日に走った「越後」という「出雲」に似たデザインのヘッドマークを付けた団体列車のとき以来だ。

(写真、文 U)

_dsc06821

_dsc19572

|

« 浦和でDD51 | トップページ | お気に入りのDD51の写真 »

執筆者U」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/53716506

この記事へのトラックバック一覧です: 今回もDD51:

« 浦和でDD51 | トップページ | お気に入りのDD51の写真 »