« 1979年3月15日のEF58124 | トップページ | 18日の「あけぼの」 »

2013年8月18日 (日)

ワイパーカバー付きのEF58

17日は家でのんびり。「あけぼの」も1052号機のはずで当然パス。妻は高校の同窓会のうち合わせで外出、息子も午後の早い時刻まで留守。特にやることもなく今日も昔のネガのスキャン。さりとてこの作業、いったんスキャナーにネガをセットしてしまえば、あとは取り込むまでひたすら待つだけで退屈きわまりない。気の短い自分にとっては歯がゆいと同時にイライラさせられることは間違いない。だから飽きたらすぐに作業をやめることにして、一度に何十枚も処理することはしない。イライラが募れば画像の補整も乱雑になってしまう。ネガにはほこりやゴミも付着しているものが多く、それらを修整する作業がいい加減になりかねない。無理して一度にたくさんデジタル化するよりも、少しずつ着々と、飽きない程度に続けていくのが自分には合っているようだ。

正午過ぎ、妻に頼まれていたものを買いに近くのショップに行く。妻が仕事で関与している、食料品などを扱う店で、生産地が明らかなものしか扱っていないので安心。得体の知れない中国産や輸入の食料品などが蔓延している昨今、少々価格は高めだがいつもお世話になっている。頼まれた食材などをメモにして買い出し完了。その後はリビングで夕方までウトウトし、少し涼しくなってから庭の草取り。ちょっとうっかりしていると見事なくらい生長する雑草を約2時間ほどかけて根こそぎ引っこ抜き、少しはきれいになった。

*************************************************************************

ワイパーカバーが特徴のもと米原機関区所属のEF58103号機。米原時代、なかなかお目にかかることができず、宇都宮に転属後初めて上野駅で撮ることができた。自分が写した同タイプのEF58の写真の中で最もワイパーカバーがよく分かるショット。

何だか、長いつけまつ毛を施した場末の飲み屋の女性のようで下品かつケバイ印象を受ける。特異な感想かもしれないが、K・M氏がまた別の写真でフォローしてくださることを期待している。

(写真、文 U)

Img5081

|

« 1979年3月15日のEF58124 | トップページ | 18日の「あけぼの」 »

執筆者U」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/52920891

この記事へのトラックバック一覧です: ワイパーカバー付きのEF58:

« 1979年3月15日のEF58124 | トップページ | 18日の「あけぼの」 »