« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

EF81の北斗星とEF65のエルム

慌ただしく仕事に忙殺されていたら遂に年度末になってしまった。4月からは所属部署も移るので、皆様のEF64あけぼのやEF510北斗星の朝練の記事をうらやましく眺める日々がまだ続くことになる。最後に鉄道写真を撮ったのが昨年12月9日のC61だから丸4か月の空白となる。何とかGWころまでには平常の状態に戻れるといいいのだが。。。

そんな中、ネガ・ポジのスキャン作業だけは順調に進んでいる。この前のTさんの黒磯訓練のEF8181のカットを見て思い出したのがこの北斗星の写真。長い編成がくねる姿を望遠レンズで狙うとなかなか躍動感ある雰囲気がよく伝わる。カマも赤いEF81で、今となっては懐かしい。

そのコマの少し後に、これまた懐かしいEF65けん引のエルムの写真があった。個人的にはこのヘッドマークは結構気に入っていたが、撮影の機会はそれほど多くなかった。

(写真・文:K.M)

1994年5月 東北本線

35r213014

35r213023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

往年の東横線

ご無沙汰しております。

東急東横線と地下鉄副都心線の乗り入れ開始と、それにともなう渋谷駅の移転で大騒ぎとなりましたが、東横線というと上りが「渋谷行き」、下りが「桜木町行き」でないと気分が出ません。

写真は「よき時代の東横線」、7000系8両編成の下り急行です。方向幕は白地の「桜木町」で、赤いサボがちょっと傾いているところが、あの頃のイメージによく合います。

1979年4月、都立大学~自由が丘間で撮影。左のずっと奥には、営団3000系がかすかに見えます。

文・写真:YM

201303_042_b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

今日のEF8181黒磯訓練

今朝は天気が悪そうだったので、朝練はパス。「あけぼの」は、1031号機だったようで残念な限りだが、真っ暗な写真が増えても仕方ないので、家の仕事に専念した。黒磯訓練午後の部は、どこで迎え撃つか悩んだが、一度真面目に黒磯訓練を押さえておきたかったポイントへ。15時前に現地に着いてもまだドン曇りだったが、徐々に回復し、奇跡的に本番では太陽が出て弱いながらも順光で仕留めることができた。この場所は障害物が多く、機関車入れて7両ではかなり窮屈で、左右をトリミングしてやっと。まあ、光線が良かったので満足だったが・・そう言えば、地元の兄妹のお子さんが和気藹藹と踏切脇で撮り鉄しており、「湘南型かな・・」とか言いながら妹にカメラの練習をさせていたが、向こうからハチイチの姿が見えると、「あ、北斗星だ!」と慌てて「俺が撮る」といきなり本気モードになっていたのが可愛らしかった。それにしても、機関車の次位が食堂車とは、なかなかユニークな記録となった。ご一緒させていただいた皆さまお疲れさまでした。(写真・文:T

Blog_20133241

Blog_20133242

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

「EF641051あけぼの」&「EF651118黒磯訓練」

「あけぼの」は双頭機が入らないかと淡い期待を抱き、眠い目をこすりながら出撃したが、予想通り1051号機が登場。最近は双頭機の頻度が高かっただけにテンションは↓。いつも被りの恐怖にビビリながら撮影するポイントだが、今朝は余裕で「あけぼの」が先に通過。それにしても今朝の井堀はPFが原色だったとかで貨物サイドが大賑わい。皆さん「あけぼの」には一切目もくれず貨物機に集中されておられました。今はそういう時代なのでしょうね・・・さて、黒磯訓練まで例によって時間があったので20日と同じファミレスで時間を潰しながら待ったが、ひとりで待っていると退屈なものだ。一応506号機牽引の「北斗星」は南浦和でやっつけたが、線路脇に置かれたレールがやはり邪魔で撃沈。赤杭がなくなっているだけに残念だ。黒磯訓練下りは20日と同じ場所で押さえたが、今日も残念ながらド逆光で、綺麗に発色せず。早起きしても、結局満足な写真が1枚も撮れないまま帰宅することとなった。そう言えば、Pさんのブログによれば、北浦和はタイガーポールが乱立とのこと。困った事態だが、先日寄った浦和橋にも新しい場所にホチキスが増えており、正面構図でないと駄目になってしまったようだ。そもそも少ない撮影地がさらに限定されることは苦しい限り。JRも田端の有料撮影会をやって小金を稼ぐのであれば、敷地内の特等席に望遠の使える有料お立ち台を用意してくれれば、喰い付くマニアは結構居て、商売としても成り立つのではないか・・(写真・文:T

Blog_20133231_2

Blog_20133232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

「EF641032あけぼの」&「EF8181黒磯訓練」

今日は、残念ながら早朝から曇りの予報。5時過ぎに家を出るときにも、やはりドン曇りだったので、少しでも明るさを稼げると思われた東十条に向かった。かなり久しぶりの東十条であったが、ここはどこからでも撮れそうなものの、ポールや跨線橋の橋脚の処理、編成の後部の位置等を考えると意外に立ち位置は限定され、難易度が高いことを改めて思い知らされた。露出が上がらないまま、京浜東北北行がホームに入ってもまだ「あけぼの」の姿は見えず、結局裏被りになってしまった。やはり、ダイヤ改正で時刻が微妙に遅くなっているのだろうか。今日も双頭機の1032号機牽引であり、双頭機大盤振る舞いのローテが続いているのは悦ばしい限りだ。この後、黒磯訓練の時間まで貨物時刻表でも眺めながらファミレスで時間潰しをしようと思い、南浦和のファミレスでモーニングを食べていたら、何とUさんが来られた。昨日日帰り遠征に行かれていたにも拘わらず、何ともエネルギッシュだ。色々と有益なお話しをお聞きしながらあっという間に「北斗星」の時間になりご一緒に浦和橋に向かったが、結局ケト南行が並走して撃沈。この場所は、陰気なだけでなく、相性も良くない。それから小生は南浦和に向かい、黒磯訓練を待ったが、あいにく太陽が隠れず、モロ逆光で、意図した感じの写真は残せなかった。ダイヤ改正で好被写体が少なくなったのに残念な限り。このスジもダイヤ改正で少し早くなったのだろか。背後からPFの工臨が来て茫然と眺めていたら向こうに既にハチイチの姿が見えており、ちょっとビックリだった・・(写真・文:T

Blog_20133201_3

Blog_20133202_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

北浦和定時「あけぼの」本年初朝練

ブログをさぼるとすぐに1週間経ってしまう・・さて、この週末は、花粉症が辛くてかなり強い薬を服用したため、早朝にベッドの中から出撃する気力もなく、また実家の老父母を墓参りに連れていなかくてはならない用事も抱えていたので、朝練はパス。天候もよく双頭機の連投であったにも拘わらず、残念な限り。本日(18日)は平日だが、午前中に病院のアポが入っているのをよいことに、「あけぼの」朝練に出撃。それにしても平日の4時半起きして朝練するのは堪える。天気も早朝は晴れマークだったはずなのに、雲が多く、当初予定した頭に陽が当たるポイントは断念し、今年の朝練としては初になる北浦和に向かった。この地の主のPさんのブログを拝見していると、ダイヤ改正で微妙に被りのリスクが増したようでかなりビビりながらセットアップしていたが、今朝は「あけぼの」がはるか背後で浦和橋に差し掛かるころすれ違っていたようなので、余裕であった。期待した1031号機ではなく1032号機であったし、ISO1000で開放と露出も暗く、常連の方も含めどなたにもお目にかかれなかったが、これで不満を言ったらバチがあたるだろう。ダイヤ改正後は、写欲をそそる被写体が限られるが、その分満足度の高い写真を撮りたいものだ。(写真・文:T

Blog_2013318

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

ダイヤ改正直前の週末

9日(土)は大腸内視鏡の検査のアポが入っており、「あけぼの」朝練はパス。双頭機だと思っていただけに、1051号機と聞いて内心ホッとしたのも事実。検査の結果は良好だったが、カミさんとメガネを新調しに地元のデパートに向かったものの、店員の客を見下した態度に憤慨し、結局目的のものは買わずに帰ってきてしまった。自分が客商売をやっていると、顧客を小馬鹿にした店員の居る店などでは、金を払ってモノなど買う気はしない。夕方、某メガネチェーン店に立ち寄ると極めて親切かつ温かい応対の上、ブランドフレームで高価なレンズを付けてもお値段の方も断然安く、デパートで嫌な思いをしながら高い金を出して買わなくてよかったとつくづく思った。10日(日)は、朝から快晴のはずだったので、「あけぼの」の朝練に出かけたが、またもや天気予報は外れ、結局太陽は出ず終いだった。光線が関係ないので、被りのリスクの少ないポイントを選択したが、双頭機の1030号機の登場で一応満足。その後順光の75レを狙いに中川土手を覗いてみたが、満員御礼のようだったので一旦帰宅。春の陽気に誘われ、昼過ぎから安中貨物を撮りに牛久まで出かけたが、所謂葬式鉄の連中の傍若無人ぶりにかなり気分を悪くした上、ものの30分のうちに天候も急変して、例の凄まじい煙霧の餌食になってしまった。全くお見せできる写真にもならず、砂嵐の写真を撮りに行ったようなものだった。お蔭で花粉症も最悪の状況になり、ダイヤ改正前の週末にも拘わらず、全く満足のゆく成果なしで終わってしまった。Uさんもお辛そうなご様子であるが、ダイヤ改正にもなるし、花粉症が一段落するまで、しばらく鉄は休業宣言しようか・・とも思う。(写真・文:T

Blog_2013312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

福島駅のED75普通列車

Tさんにこちらのブログを任せっきりにしてしまい約1カ月ぶりの寄稿となる。

ダイヤ改正まであと1週間。今回の改正ではブルートレインの廃止はないようで安堵しているが、貨物の方はそこそこ大きな規模になりそうだという。
まず鹿島貨物は昨年の改正で担当となったEF64が早くも撤退、2往復体制になって1往復はEF210、もう1往復はEF65の再登板になると言われている。どういう時間帯にダイヤが組まれるかは不明だが、EF210なんぞが進出してくればわざわざ千葉県内に足を伸ばす機会はなくなるだろう。新小岩の老人ホームに入居している母の見舞いも、EF64を撮影できるチャンスがあればこそといった面があったことは間違いなく、足が遠のいてしまわないか心配だ。願わくばEF65が撮影に適している時間帯に走って欲しいと思う。

隅田川や吹田の貨物ターミナルの完成によって東海道、山陽、北陸筋の貨物列車は大きく運転形態が変化すると予想されるが、特にその影響が顕著に見られるのが田端のEF510のようだ。ファンに人気の高い安中貨物をはじめとする田端所属のEF81,510が担当していた列車は軒並みJR貨物機に変更され、EF510などはけっこうな数が貨物会社に移籍するとも聞いた。わざわざカシオペア塗装の2機を譲ることはないはずだから、今後「北斗星」にカシオペア専用機の起用の確率は高まると考えられるが、貨物会社に移る北斗星色のEF510がいつまであのままの車体色で使われるかも注目される。
一方、EF81には大きな変化はないようだが、仮に定期運用が消滅した場合、走行する姿を見る機会は激減するだろう。EF65PFもそこそこの両数を保有しているだけに、その使い分けをどうするのかも気になる点だ。

北海道の常紋越えで見られたDD51のプッシュプル貨物も7日からDF200による試運転が始まっているようで、改正後は見られなくなるのだろう。一度も行ったことはないが、これでJR貨物所属の北海道のDD51は壊滅状態になる。

ダイヤ改正直前の来週はそういった場所に多くのファンが出没するだろうが、11、12日には大宮車両センターに保管中のEF65535が東芝府中工場での保存のため回送される。パンタグラフこそ上がらないが、人気の高い機関車だけに注目されるのは間違いない。

*************************************************************************

ここまでの記事とは何ら関連はない写真。
1980年12月に福島駅で撮影したED75の普通列車。昨年12月20日にアップしたED75のお座敷列車を撮影に行った際の帰りがけに撮ったもので、当時は全く何と言うことのない写真だった。あれから30年以上が経ち、今こうして眺めると、9両程度の旧型客車でもけっこう長く見えるから不思議だ。

(写真、文 U)

Img3581

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

平日「あけぼの」朝練

このところ、週末は「あけぼの」にはなかなか縁がなかったが、平日には双頭機が頻繁に投入されており、悶々としていた。一方、日の出時刻はかなり早まってきており、居ても立ってもいられず、出勤前に平日「あけぼの」朝練を敢行することにした。5日(火)は、日曜日に撮ることができなかった1031号機をお目当てにUさんが日曜日に撮られた西川口へ。雨上がりで線路上が濡れていた上、朝もやがかかって全体に青みががり、到底満足はできない出来であったが、とりあえず1031号機をゲット。いつも北浦和でお遭いするKiさんも通勤途上の日課として来られ、ご一緒させていただいた。大きなレンズではないものの通勤カバンに望遠レンズ付のカメラを隠し持って出勤するのは何だか気が引けたが、双頭機がゲットできれば4時半に早起きした甲斐もあるというものだ。1031号機の「あけぼの」捕獲は、自分が東京に戻って以来初で昨年の319日以来のようだ。このあと鶯谷で推回も狙ったが、ケト南行と下り普電にダブルで被られ撃沈。本日6日(水)は、午前中病院に寄る用があったが、天気もよく春の陽気ということなので当然のことのように4時半に起き朝練を決行。西川口ではまだ頭に陽が当たらなかったが、今日は頭に陽が当たるポイントを選択。先行する普電が微妙に遅延していたので、危うく被る寸前であったが、ラッキーなことに2日続けて双頭機をゲット。やはり、頭に陽が当たると見栄えが全然違う。何だか、急に春めいてきて着雪の季節は終焉のようだが、寒い中我慢する必要がないので、何だか平日朝練もやみつきになりそうだ。(写真・文:T

Blog_2013361

Blog_2013362

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

常磐線界隈の機関車たち

今週末は、1031号機牽引の遅延「あけぼの」も家の野暮用で出撃できず終いだったし、折角早朝から粘ったEF8181狙いの75レも大幅遅延で断念せざるを得ず、良い所なしだった。仕方なく、寒風の中、地元の常磐線界隈でお茶を濁していたが、何だか不完全燃焼でストレスは溜まったばかり。やはり「あけぼの」を撮らないとエネルギー補給はできないようです・・(写真・文:T

Blog_2013341

Blog_2013342

Blog_2013343

Blog_2013344

Blog_2013345

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »