« ED500という機関車 | トップページ | DE10という機関車 »

2013年2月11日 (月)

双頭機牽引着雪「あけぼの」

いやあ~、これだけ根気強く通っていても、なかなか思うような着雪でなおかつ双頭機牽引の「あけぼの」は捉えることができなかったし、今季の雪のシーズンもあと何回チャンスがあるかと心配していたが、遂にその時がやって来たという感じだ。雨雲レーダーを睨みながら昨晩から作戦を考えていたが、朝5時前に起床した段階では新潟地方はかなりの降雪の模様。遅延情報がないということは、かなり良い着雪状態のまま上って来る可能性が高く、120日の再来を期待させた。そうは言っても30分以内の若干の遅延も想定され、雲ひとつない晴天なら蕨や浦和近辺でも走行写真が撮れる可能性も高まる。最悪、暗くてもカマ流しが可能なポイントと言えば、自ずと目的地は定まった。柏の自宅からだと、一般道で日暮里まで行くよりも、外環道を利用して蕨あたりに行く方が早く着けることもあり、515分に出発し、6時には現地着。この季節だと散歩される方の姿も殆どなく、ゆっくりとターゲットを待った。途中で1030号機との有難い書込み情報も得て、俄然テンションがアップし、また露出も1分単位でどんどん上がり、最終的にはISO1250f3.51/500で撮影することができた。撮った瞬間には「撮ったど~!」と叫びたくなるような満足感に包まれた。(まあ、カンは見えませんでしたが、それを言ったら贅沢でしょ・・背景の建物もピンク色に染まり、なかなか良い雰囲気でした)撮影後、この場所でご一緒された自転車に乗った学生さんにお声をかけると、気持ちよく挨拶を返してくださり、ご近所だとのこと。「あけぼの」が気軽に近くで撮れるなんて、何とも羨ましい限りだ。それにしても、3連休の3日とも双頭機の「あけぼの」が撮れたということで、大満足です。「あけぼの」朝練常連の皆さま、天気さえ良ければ、いよいよ今季も本格的な走行写真が解禁ですね。(写真・文:T

Blog_3013211

|

« ED500という機関車 | トップページ | DE10という機関車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

Tさん、3日連続の出撃、お疲れさまでした。いずれの日も双頭機ということで非常にラッキーでしたね。当方はブログにアップしたように1日だけしか出撃できませんでした。
本日、1週間ぶりに東十条へ行きましたが日の出が早くなったことを実感し、今後は真面目に〝朝練〟に勤しもうと思った次第です。着雪は来月の半ばあたりでお終いですが、またご一緒できることを楽しみにしております。

投稿: U | 2013年2月11日 (月) 20時48分

本日、ご一緒させていただきました、0.5鉄と申します。
気持ちよく挨拶を返してくれたと、お褒めの言葉を頂いて、とても嬉しいです。挨拶は常識ですので・・・

僕は今、中1なのですが、部活に追われる日々であけぼのぐらいしか撮影ができなくて・・・

またどこかでお会いできた時は、宜しくお願いします。

投稿: 0.5鉄の鉄活動 | 2013年2月11日 (月) 20時56分

Uさん、コメントありがとうございます。「あけぼの」に興味のない人には、どうでもいい話でしょうが、双頭機3連荘は、自分にとってはかなりインパクトがありました。(笑) どんどん、朝は明るくなってきてますし、ご一緒できるのを楽しみにしております。

投稿: T | 2013年2月11日 (月) 21時39分

0.5鉄さま、コメントありがとうございます。今朝ほどは、そちらの地元にお邪魔し、失礼しました。最近、挨拶しても、無視されるケースも多々あるので、困った世の中ですネ。さて、今朝は雪付きの「あけぼの」が撮れてよかったですね。私も大満足でした。そちらの近辺にはかなり頻繁に出没させていただいておりますので、またお逢いすることがあるかと思います。その節はまたよろしくお願いします。小生は小学生の頃から鉄道マニアではありましたが、中1の頃はまだ一眼レフなど持てず、チマチマ駅撮りしていた程度でした。この趣味はうまくすれば一生楽しめますので、どうか良い写真を一杯撮ってください。ブログの方もこれから楽しみに拝見するようにします。部活も頑張ってください。ではまた。。

投稿: T | 2013年2月11日 (月) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/49329045

この記事へのトラックバック一覧です: 双頭機牽引着雪「あけぼの」:

« ED500という機関車 | トップページ | DE10という機関車 »