« 1052号機牽引大幅遅延あけぼの | トップページ | 着雪「あけぼの」あれこれ »

2013年1月19日 (土)

長大編成の魅力

今日も鉄道撮影に行って来た。牽引機であるEF641000番台が双頭連結器でないと撮る気が起きないとか、いろいろ勝手なことをほざくくせに、何だかんだと言いながらも今年になって4回目の「あけぼの」撮影である。けっきょくは線路際に立たないと落ち着かない性分なのだろう。本日も双頭機にはふられてしまったが、それなりに充実していた。こうやってブルートレインを撮影できるのも、そう長いことではなさそうだから撮れるうちにつべこべ言わずに出撃しておくべきだ。

今日は久しぶりに浦和駅へ行った。一昨年に高架工事が完成してから、長いレンズを使うのに適した撮影地としてずいぶん通ったが、集中的にしつこいほど行ったものだからいささか食傷気味になって昨年の8月31日以来、しばらく間を空けていた。
「あけぼの」は4時間半近く遅れて、9時前に到着してからずいぶん待たされた。その間、湘南新宿ラインには183系6連×2の12連が鎌倉行きの初詣臨として目の前を通過して行った。浦和の駅では湘南新宿ラインの列車は撮ることができないから、ただ眺めていただけだが、久しぶりに見る長大編成はなかなか見応えがあった。そのまま東海道本線に転じれば撮影可能ではあったが、自分の芸風ではない電車だけにそこまで追い求めずに帰宅した。

帰ってこちらのブログにアップする写真を選んでいたら、以前東海道本線を走っていた153系電車の15連というモノクロ写真があったので今回はそれをアップすることにした。東神奈川で撮影したこの写真、もちろんこの電車目当てで行ったわけではなく、EF58狙いのついでだった。
そうは言ってもさすがに名車としての貫禄はうかがえる。今になってみればついでとは言えシャッターを押していて良かったとつくづく思う。

(写真、文 U)

Img3571

|

« 1052号機牽引大幅遅延あけぼの | トップページ | 着雪「あけぼの」あれこれ »

執筆者U」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/48835343

この記事へのトラックバック一覧です: 長大編成の魅力:

« 1052号機牽引大幅遅延あけぼの | トップページ | 着雪「あけぼの」あれこれ »