« ひたちなか海浜鉄道撮影行のおまけ編 | トップページ | 時代 »

2012年10月31日 (水)

女性同伴なら…

いきなりの話で恐縮だが結婚後、妻ではない女性を同行して趣味活動をしているうらやましい人は確実に存在する。しかしお願いだから気を遣っていただきたいことがあるというお話。今回はそんなことを記すこととする。この夏のこと…。

7月、ある有名撮影地で自分と同じぐらいの年齢の男性が女性と共に三脚をセットし「あけぼの」を撮影していた。朝も早くから奥さん同伴でほほえましく感じていたが、2人が話しながら再生しているデジタルカメラのモニター画面に映し出されているのはその女性のヌード写真。たまたま見えたのだが、なにぶんアップ系の写真が多いから近眼で乱視の自分でもその場にいた女性の姿だと分かってしまう。もれ伝わる会話を聞いているとどうやら奥さんではない女性だったようで、前の晩どこかのホテルで一戦交えたときに撮ったエロ写真だったらしい。
浦和方面の国道沿いにはラブホテルも多いから、その辺で夜を過ごし、〝夜練〟から〝朝練〟にしけ込んだカップルのようだが生々しさが満ち満ちしたお二人だった。
しかし普通だったらこちらもうらやましくなるのだが、幸いと言うべきか残念と言うべきか、とにかく女性がかわいそうなくらいの悪相。裸になりゃ男なんぞバカだから、メス豚にでもありつくかもしれないが、そんなお相手を有名撮影地に連れて来るとはどういう了見なのか。噛んでいるガムはその辺にはき出すし、ブラウスの襟は立ったまま、スニーカーのかかとは踏んづけられ、身なりからしても醜悪。おまけに話していることはブルトレの中でコトに及んだときの昔話。

少なくとも鉄道ファンというものは被写体に対するこだわりは人一倍のはず。あの車両がかっこ良いだとか悪いだとか。浅はかだけど美醜や笑顔が女性を判断するひとつの材料になり得るのは間違いない。そんな集団がたむろするところに朝も早よからイカ臭い、しかも決してうら嫉妬心も起きないような風体の女性を連れてくる男の感覚、迷惑以外の何ものでもなかった。

女性同伴は大いにけっこう。大歓迎。むさ苦しい男性ファンが集まる中にある種の潤いをもたらす。しかし申し訳ないけれど家族以外の女性を同伴するなら、それ相応の方にしてもらいたいと、このときばかりは切に願った。

今回は1985年の筑波博の際のお召し

(写真、文 U)

Img222

|

« ひたちなか海浜鉄道撮影行のおまけ編 | トップページ | 時代 »

執筆者U」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみにさせていただいております。

今回の話題も鉄道ファンとしてそれ相当の方」には大いに同感です。

しかしながら、この話題と「お召し列車」のアップロードは少々不敬気味で難アリでは?

投稿: 松原 敬 | 2012年11月 1日 (木) 20時54分

松原さま、コメントの公開が遅くなって恐縮です。コメントが入ると通知が入る設定にしておりましたが、慌てて見直してみても届いておらず大変申し訳ないことをしてしまいました。他意はありませんので、どうかお許し下さい。

記事の内容と写真について「不敬」との指摘、なるほど言われてみれば確かにその通りかもしれません。以後、気を付けたいと思います。ついでに反省すれば、女性の容姿云々について触れるのもまずかったかなと思っております。

投稿: U | 2012年12月 4日 (火) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/47266204

この記事へのトラックバック一覧です: 女性同伴なら…:

« ひたちなか海浜鉄道撮影行のおまけ編 | トップページ | 時代 »