« EF66@セノハチ | トップページ | 気軽な飛行機と鉄道撮影 »

2012年9月26日 (水)

志木で撮った東武電車

このところ私鉄電車も引退間近の電車を当時の塗装に戻したり、そのまま走らせるケースが目立つ。
大阪にいた2年間は京都のHi氏のおかげで京阪の旧3000系を何度か撮影したが、いよいよ来年3月の引退が決定し、この29日から前面のマークなどを往時のスタイルに戻し、本格的な引退興行が始まる。
東急では旧7000系の7700系を「クラシックスタイル」と称して赤帯を外して運行、10月6日の池上線90周年イベントではヘッドマークを付けて走行する。
京成はすでに「赤電車」「青電」などが走っていて、運転が始まってしばらく経ったが、今でも高砂の駅などで撮影しているファンが多い。
そして東武。こちらは9月29日から11月25日までの土休日にリバイバルカラーの8000系を大宮~東京スカイツリーの間で走らせる。8月に同じダイヤで8000系を使用した団体列車が走ったが、すでにその段階から今回の話は聞いていて、光線状態が良くなる秋になったら撮りに行こうと思っていたが、いよいよそれが始まる。

その東武、古いネガを見ていたらこんな写真が出てきた。わざわざ撮りに行ったわけではなく1978年、高校受験する弟の入学願書を代わりに取りに行った際に写しておいたもの。今もって形式すら分からないが、おそらくすでに引退した車両だろう。こうしてみるとなかなか味のある電車だ。
しかしその頃の自分は大学生。EF58など国鉄形一辺倒で、こういう雰囲気のある車両の良さを本当に理解できていなかった。

(写真、文 U)

Img3401

Img3391


|

« EF66@セノハチ | トップページ | 気軽な飛行機と鉄道撮影 »

執筆者U」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/47216291

この記事へのトラックバック一覧です: 志木で撮った東武電車:

« EF66@セノハチ | トップページ | 気軽な飛行機と鉄道撮影 »