« EF65501牽引団臨送り込み | トップページ | 「そよかぜ」」第2回 »

2012年9月 6日 (木)

オリエント機の「八甲田」

自分のブログで報告したように突然思い立って秋田、青森へ行って来た。以前から一度、行ってはみたかった場所だが、来年以降に計画しようと考えていて喫緊の課題ではなかった。それを突然、実現したのはまさに衝動的な感情によるものでしかない。来年になったらなったで行ってみたい場所も出てきそうだし、自分もこのまま同じ職場にいられない可能性もある。現在の職場は食事も外に行けないくらい、仕事の密度はかなり高いが、休みに関してはまともに取得できる。その利点は利用できるときこそしっかり使っておくべきで、後になって後悔しても始まらない。そんなある種の強迫観念めいたものに突き動かされた。

その突発撮影行については引き続き自分のブログで報告するが、やはり地方でのんびりと撮影するのは心地良い。色づき始めた稲や青い日本海を眺めながら、あるいは「道の駅」で名産品を手に取りながらの撮影行はリフレッシュする。そんな心のゆとりが、ふだんあまり興味のない私鉄などを訪ねてみたくさせる。時間が許せば今回も秋田内陸鉄道や弘南鉄道、あるいは津軽鉄道などに足を向けたかったが、思いつきの1泊2日では叶えることができなかった。いずれまたゆっくり再訪したいものだ。

今回の写真は87年11月2日に小繋~小鳥谷で撮影した当時の急行「八甲田」。それ以前の旧型客車や寝台車の編成から、ずいぶん近代化されたもの。イベント用のオリエントサルーン機が紅葉の山あいから姿を見せた。知っていればカラーで撮ったものを。

(写真、文 U)

Img144_3


 

|

« EF65501牽引団臨送り込み | トップページ | 「そよかぜ」」第2回 »

執筆者U」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/46970610

この記事へのトラックバック一覧です: オリエント機の「八甲田」:

« EF65501牽引団臨送り込み | トップページ | 「そよかぜ」」第2回 »